強いるもの

84 の用例 (0.01 秒)
  • 東京での一人暮らしは、知らず知らず緊張を強いるものであったのだろう。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • 働く必要がないし、だれも彼を働かせようといるものはなかったからだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 現代の因襲的道徳と機械的教育は吾人の人格に型を強いるものである。 和辻哲郎『霊的本能主義』より引用
  • ただ競争しようという意欲を強いるものが何かが問題なだけだ。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • これはインディアン児童の親に対しても多大な経済的負担を強いるものであった。
  • 読者にそのくらいの労力を強いるものがあってもいいよ。 青島幸男『極楽トンボ』より引用
  • 他の副作用は本質的に心理的なものであって、そして生存者に特殊な挑戦を強いるものである。
  • どの段階についても、人びとの神経に信じられないほどの荷重を強いるものだった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『10 宇宙の不死者』より引用
  • しかしフランス人の科白せりふじゃないが、事全体がはげしくぼくの思考を強いるものだ。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • これも他の町の商人を完全に閉め出すのではなく、肴町で場所を借りて商売することを強いるものである。
  • 当局の内情を知るものには、これは至難というよりも不可能を強いるものだった。 天藤真『大誘拐』より引用
  • いやその酔を強烈に強いるものは、お島の白い手ではなく、彼自身の心のうちにあるものだった。 吉川英治『大岡越前』より引用
  • スタジオ・ドラマは、脚本家と演出家にとって、毎回が一つの勝負であるための緊張を強いるものだ。 小林信彦『ビートルズの優しい夜』より引用
  • この制度は、多かれ少なかれ選手に二重生活を強いるものである。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 愛とは何という傲慢を人に強いるものであるか。 時実新子『言葉をください 新子の川柳エッセイ』より引用
  • それが共産主義国にのみ譲歩を強いるものであるとしても、われわれの期待はただそこにのみかかっているのである。 和辻哲郎『埋もれた日本』より引用
  • だが、一眸いちぼうに入る夜色は、もう何らの反省を彼にいるものでもなかった。 吉川英治『新書太閤記(七)』より引用
  • このため建設の遅延は、これら商工業者に莫大な損失を強いるものとなった。
  • 父はおまえに自嘲じちょうや苦しみをいるものではない。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 第2巻 文庫版』より引用
  • まわり中警察官だらけという状況は、後ろ暗いところが全くない人間にさえ、緊張を強いるものである。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 次へ »

強いるもの の使われ方