強いる

全て 動詞
919 の用例 (0.02 秒)
  • この男は自分のいいと思った事は、何事に拘らず他人に強いる癖がある。 松本泰『日蔭の街』より引用
  • 忠がしばしば滅私奉公的な自己犠牲を強いると言うことはできるだろう。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • 常に多くの犠牲者を強いることで、社会の腐敗を防ごうとしたのである。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • 二十世紀の民衆に過去の世紀の貴族的社会の芸術や思想を強いる事は出来ない。 大杉栄『新しき世界の為めの新しき芸術』より引用
  • 戦争遂行のために、民衆に犠牲を強いる軍隊の側面を露呈したのである。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 自分一人なら寒さも我慢できるが、幼い紫にそれをいるわけにもいかない。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • けれどもこういうやりかたをいままでのほかの人たちに強いることはいけない。 宮沢賢治『ポラーノの広場』より引用
  • この二つの静止と運動とは絶えず人間の認識に往還を強いるはずである。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • 東京での一人暮らしは、知らず知らず緊張を強いるものであったのだろう。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • 発達した文明が人に苦痛をいるという話は、容認したくありません。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 女が女に強いる欲情の凄じさは、言葉にも筆にもなるものではありません。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫7) 毒婦伝奇』より引用
  • 働く必要がないし、だれも彼を働かせようといるものはなかったからだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 強制収容所とは、そのような沈黙を圧倒的に人間に強いる場所である。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • つまり私は、自分の幸福のために、みんなに犠牲を強いることを選んだのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 09 贄殺し編』より引用
  • 老人は客の室を、幾月もの滞在をいるかのようにしつらえていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼はあまり長い間の夫婦のさし向いの生活を夫人に強いるに忍びないのであった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • 実の頼みは、茶話のようで、その実無理にもいるような力を持ていた。 島崎藤村『家』より引用
  • しかしこのときまだ四郎は、みずからに選択を強いる必要はなかった。 中村彰彦『侍たちの海 小説 伊東祐亨』より引用
  • しかし、圭一は、結婚が女にどのような生活を強いるかを知っていた。 吉村昭『一家の主』より引用
  • そんなことをしたら、燿に今以上の負担を強いることになると分かっている。 毛利『志生子 カナリア・ファイル2~傀儡師』より引用
  • 次へ »