張士誠に

9 の用例 (0.00 秒)
  • その上で張士誠に使者を送り、共に朱元璋を挟み撃ちにするよう促した。
  • 郭子興の配下から朱元璋が勃興し、蘇州の張士誠に攻められた韓林児を保護した。
  • 西の陳友諒を倒した後の1365年、朱元璋は東の宿敵張士誠に攻撃を仕掛けた。
  • 清代の俗説では、元末の混乱時に張士誠に仕えたとされ、「赤壁の戦いの描写は、朱元璋と陳友諒の鄱陽湖の戦いをモデルにしていた」と言われる。
  • いずれも伝説の域を出ないが、後者の説はそもそも施耐庵が張士誠に仕えていたという史書そのものが真贋不明のものであるため、疑わしい。
  • 淮安の人で、元の至順二年、進士となり官途についたが、至正十三年に元末の反乱軍の首領・張士誠に見込まれて参謀となった。
  • なお、楊完者が率いる苗族の軍は素行が悪かったため、その後、元朝に依頼された張士誠に滅ぼされ、残った苗族の多くは朱元璋軍に組み込まれたという。
  • 朱元璋の「張士誠には守りを以って攻めとし、陳友諒には攻めを以って守りとする」という戦略の下、湯和は1357年から防御線の一端として常州を守備し、張士誠の攻撃を度々退けた。
  • 陳友諒は、張士誠に使者を送って、朱元璋を東西から挟撃しようと誘ったが、漁夫の利を狙う張士誠はこの話には乗らなかった。