張り出し

全て 動詞 名詞
2,129 の用例 (0.02 秒)
  • 塀のすぐそばに太い樹が生えていて、枝が敷地内に張り出しているのだ。 山本弘/友野詳/高井信『妖魔夜行 深紅の闇』より引用
  • 地面から枝のように張り出した太い根に腰をかけて、彼女は呆然ぼうぜんとした。 今野緒雪『マリア様がみてる 25 大きな扉 小さな鍵』より引用
  • 雲の壁がさっきまでに比べて大きく張り出してきているように見える。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • また北東には張り出しを持つ建物とそれに付随する庭園跡が発見された。
  • 左にそれてダヴィ河が海と出会う大きく張り出した砂の一画に向かった。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • 下の部分に棒が張り出していて、そこに人が何人も集まっているもの。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 前者は観客席に張り出した舞台の上部だけに屋根がある露天劇場である。 シェイクスピア/大山俊一訳『リア王』より引用
  • どちらも背が家ほどの高さもあり、肩は大きく両側に張り出していた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 階段ホールの二階部分には、北側へ張り出した小さなヴェランダがある。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • あのまどの、り出しにきているゴジュウカラたちの声をおききください。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 台所の流しに面した張り出し窓のガラス戸の上半分が透明ガラスになっている。 光瀬龍『明日への追跡』より引用
  • 彼は赤毛で、長い顔をした陽気な男で、耳が頭の両側に張り出している。 イネス/皆藤幸蔵訳『銀塊の海』より引用
  • 次場所は休場しても、その場所の番付はその地位のまま張り出しとする。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 両手が自由になると同時に、直次は頭の上に張り出した枝に飛びついた。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 白いしっくい塗りの家は二階建てで、左右に張り出した翼がついている。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会4)鏡のなかの幽霊(TXT)』より引用
  • 葉は根生葉で葉身は基部が大きく左右に張り出し全体で円形に近くなる。
  • 彼はバスの時刻表が張り出してある大きな看板の下に車を止めた。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • 左右各主翼の下に張り出したガンポッド形式で1門ずつ搭載されていた。
  • また、前面の窓部は前方に張り出しており、5枚の窓が設けられていた。
  • そこは、巨大な会議場の上にぐるっと輪を描いて張り出した二階席だった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ04 暗黒邪神教の洞窟』より引用
  • 次へ »