張り上げる

全て 動詞
322 の用例 (0.00 秒)
  • 学生たちは皇帝に政治犯を解放するよう抗議の声を張り上げ物を投げた。
  • と、彼はじっと壁に視線を据えたままふり向きもせずに声を張り上げた。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • 龍斎はどこからそんな声が出るかと思われるほどの大声を張り上げた。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 話をする時に大声を張り上げる店は、日本でも外国でも私は苦手である。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • 店内のゲームの音楽と効果音こうかおんに負けないように、彼女は声を張り上げた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 細い肩を向けて歩き出す遠子先輩を、ぼくは声を張り上げて呼び止めた。 野村美月『文学少女シリーズ08 “文学少女”と神に臨む作家 下』より引用
  • と声を張り上げたら、髪を頭の両脇で結んだ小さい女の子が出てきた。 野村美月『文学少女シリーズ12 “文学少女”見習いの、傷心。』より引用
  • 先刻から石の上で声を張り上げていただけに、忠介の呼吸が荒くなった。 池波正太郎『蝶の戦記 上』より引用
  • そんなふたりの態度に満足げな笑みを浮かべ「大佐」が声を張り上げる。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第06巻』より引用
  • 彼女がこれほど声を張り上げたのは、これが初めてではないだろうか。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • 敷地の中に向かって、一方的に大声を張り上げるレポーターも大勢いた。 吉村達也『血液型殺人事件』より引用
  • 部屋の一角に座っていたアラブ系のグループの一人が、声をり上げた。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集08 悩んでられない八方塞がり?』より引用
  • この段階では、刑事が大声を張り上げたり、拳で机を叩くことはしない。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • マデューカスも目を丸くしていたが、すぐに我に返って声を張り上げた。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • その狂わしく空へ張り上げた根の一条一条ひとすじひとすじも、私は数えることが出来た。 大岡昇平『野火』より引用
  • と声を張り上げ四郎は呼び乍ら足を空にして其方へ走って行きました。 国枝史郎『天草四郎の妖術』より引用
  • 何を言っている、と式部は声を張り上げかけ、そしてやっと思い至った。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 十字線に映る敵影に全神経を集中し、己の責務を果たす声を張り上げた。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • これは台所の方へ立った有里にも聞かせるつもりで、声を張り上げた。 平岩弓枝『旅路(中)』より引用
  • 運転席に乗ってエンジンを鳴らすと、ようやく黄泉川が声を張り上げた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』より引用
  • 次へ »