張りつめる

全て 動詞
86 の用例 (0.00 秒)
  • 腰のまわりも柔らかい線は消え張りつめたような筋肉で覆われていった。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • その場に張りつめていた、緊張きんちょうの糸がプツンと切れたような気がした。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • 強く強く張りつめた沈黙の中でレンバルトは少し照れた様に頬を掻いた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 自分の肌が固く張りつめており、それは僕が緊張しているからだった。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 張りつめていたものがくずれ去ったようで、自分の中が空っぽの感じだ。 赤川次郎『セーラー服と機関銃』より引用
  • かれは自分の五感が、訓練されたとおりに張りつめてくるのを感じた。 ハーバート『デューン・砂の惑星2』より引用
  • そこから残る両方の脚へ、テーブルの下一杯に鏡が張りつめてある。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 彼が歌いだす前、針が傷をなぞる何秒かの間、私の気持ちは張りつめる。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • アルコールのために頭はぼんやりしていたが、神経は張りつめていた。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 室内の静かな空気のなかに、何かピンと張りつめたものが感じられる。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『02 最終作戦』より引用
  • 針の先を触れただけで破裂しかねない、神経質な静寂が張りつめていた。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • 妙なもので、張りつめていた気持がゆるんだのか病状の方が急に悪くなった。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 張りつめていた精神にほんのわずかだがほころびが生じてしまったのだ。 有沢まみず『いぬかみっ!03』より引用
  • 言いしれぬ緊張きんちょう感が張りつめる中、それをあっさりと破った子がいた。 有沢まみず『いぬかみっ!02』より引用
  • 朝から、空は灰色の壁を張りつめたようになり、冷たい風が吹きつけていた。 池波正太郎『剣客商売 18 番外編 黒白 下』より引用
  • 彼に見つめられていると思うと、からだじゅうの神経が張りつめた。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • その中で君の心だけが張りつめて死の方へとじりじり深まって行こうとした。 有島武郎『小さき者へ・生れ出づる悩み』より引用
  • この場面でマウンドを守っている江夏の張りつめた気分はかき乱された。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • あたしは張りつめたいとみたいに、いつかは切れなくちゃならないんですわ。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • それで王仁わたしは気張りつめてゐなくてはならないから身体からだが苦しいのだ。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 3 20070907』より引用
  • 次へ »