弱き

全て 名詞 形容詞
341 の用例 (0.00 秒)
  • まことに人生は涙の谷であって人間はその谷に生うる弱き葦である。 三木清『語られざる哲学』より引用
  • 宿命付けられているというのに弱きもの強きものの差があることには? 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス06 レッド・ノクターン』より引用
  • 弱きものはすべて、鉄の回転とその流れの下に壊滅かいめつする外ないのだ。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 弱き者は自らを弱しと知ると共に謙遜と焦躁と努力との内容を得來る。 阿部次郎『三太郎の日記 第一』より引用
  • 草薙護堂はあの方の盟友でもあり、今回は弱き者のために戦う側でもある。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • 昨日まで弱き者だと思っていた彼らの背中にある孤独が見える。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 自分達が果敢かかんに戦い信頼しんらいを得れば、残される弱き者達が苦しまずにすむ。 喬林知『今日からマ王 第08巻 「天にマのつく雪が舞う!」』より引用
  • そうすることによって、神々よ、あなたは弱き者をも最も強くしたもうた。 シェイクスピア/大山敏子訳『ジュリアス・シーザー』より引用
  • 弱きものよなんじの名は女なり、しょせんは世に汚れた私でございます。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 見た目は少女でも、襲われてなすすべもないか弱き乙女ではないのだ、彼女は。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 私に保護を求め、私だけを頼りにしたか弱きものをさえ守ってやれなかったのだ! ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 冒険編』より引用
  • もしそうだとすれば、弱き者は腕をこまねくこと以外に何をなし得よう? ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • しかしその弱きものは実は、ほかならぬ自分自身ではないか? シェイクスピア/大山俊一訳『ハムレット』より引用
  • 本作品には監督の弱き者への優しい眼差しと愛情が込められている。
  • 貧しき者には富を与え、臆病者には勇気を、弱き者には力と元気を与える。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 彼は、仁侠の気に富み、おごる者には強く、弱き下の人々にはよく憐れむ。 吉川英治『三国志』より引用
  • それはまた、数百年に渡って虐げられてきた弱き人々の怨念の結晶でもあった。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 私はかう云ふ母の眼の中にある弱きものゝ哀願をぼんやり心に沁みて聞いてゐた。 久米正雄『父の死』より引用
  • 弱き者は母親ガートルードばかりではない、恋人のオフィーリアはどうだ? シェイクスピア/大山俊一訳『ハムレット』より引用
  • 淡しとは単にとらえ難しと云う意味で、弱きに過ぎるおそれを含んではおらぬ。 夏目漱石『草枕』より引用
  • 次へ »