引続き

全て 副詞
308 の用例 (0.00 秒)
  • 張金田を中心に十数名の人々で、午後の三時頃から夜まで引続きました。 豊島与志雄『画舫』より引用
  • 従ってあらゆる事情の下において彼は引続き租税を負担しないであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • なるほど一つの点では、それはなお引続き大きな優越点を有つであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 私はその引続きとして、今日なお生きていられるような心持がします。 夏目漱石『私の個人主義』より引用
  • 一箇の帽子は一ヤアル半の毛織布に値したし、また引続きそれに値する。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 午後三時から、天皇は引続き七人の重臣の一人一人の意見を徴した。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 他に強力な指導力を発揮できる者がいない事からチャーチルが引続き首相を務めている。
  • 私は管理人に話して、この部屋を自分の名義で引続き借り受けることにした。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • 一方の生産においては、生産された貨物に多量の労働が引続き移転されるであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 従ってそれに対して需要の無い貨物を彼が引続き生産することはおそらくないであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 第二の場合においては、それは引続き静止的であるかまたは下落するであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • そしてしかる後に食料の価格が引続き騰貴するのを見て非常に驚いているのである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 陰陽師は平安時代より引続きて相当の地位を有し、一方は唱門師のことなり。 喜田貞吉『俗法師考』より引用
  • そしてそれは引続き、地主と資本家とに関する限りにおいては、変っていない。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • その後で、職務を持つものは引きとり、仕事のないものは引続き稽古をする。 南條範夫『山岡鉄舟(一)』より引用
  • そのころ、六波羅から出された物見は引続き活躍していた。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • 従って、この国の健康状態及び人口増加率は、一八〇五年以降引続き増進してきているのである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • もし引続き保守党が政権を担当すれば、彼は当然首班となりうる最大の可能性があった。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 日本の羅紗工場は 夏の間から今も引続き労働強化だ。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-03』より引用
  • 同ホテルを中心とする丸の内一帯は引続き戦場の如き雑沓を極めおり。 夢野久作『暗黒公使』より引用
  • 次へ »