引き裂く

全て 動詞
635 の用例 (0.00 秒)
  • ひどく緊張していて、その緊張は私自身を引き裂いてしまいそうだった。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 神経を引き裂いたのなら、切れた神経は痛みを伝えられなくなるからだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録07 闇をあざむく龍の影』より引用
  • と私がいった時、庭の方で突然、何かが空気を引き裂くような音がした。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 同じく引き裂かれてはいたが手紙よりもいっそう意味ありげなものだった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 前に向って足を踏み出しながら、その瞬間に彼は引き裂かれていたのだ。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • もう今では、電車の音も、紙を引き裂くくらいの小さい音になりました。 太宰治『水仙』より引用
  • 心葉先輩が書いた天野先輩との物語を、引き裂かずにいられないほどに。 野村美月『文学少女シリーズ12 “文学少女”見習いの、傷心。』より引用
  • 二人は青春時代に運命のいたずらで仲を引き裂かれた暗い過去があった。
  • そこにあるのは、引き裂かれ血みどろになった巨大な二つの肉塊だった。 バローズ『火星シリーズ01 火星のプリンセス』より引用
  • 金属が引き裂かれるような衝撃音とともに、闇色の攻撃弾が宇宙を貫く。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 南北の境界にある他の地域と同様に兄弟同士が戦い、家族が引き裂かれた。
  • どうやっても引き裂くことのできないような二人というのが、いるものだ。 赤川次郎『殺意はさりげなく』より引用
  • コソリは自分の存在に気がついたものを、いて食べてしまうのだ。 小野不由美『悪夢の棲む家 (下) 挿絵あり』より引用
  • それらの光は引き裂かれた皮膚ひふ隙間すきまを埋めるようにもぐり込もうとする。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第16巻』より引用
  • ただしこの場合の自己は、個体化していない引き裂かれている自己だ。 酒井健『バタイユ入門』より引用
  • 二つの異なる時間で分断された肉体はあっというまに引き裂かれてしまう。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 一台の白い自動車が、ヘッドライトでやみを引き裂きながら近づいてきた。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • おめえどうしても言わねえんなら、おめえの口を引き裂いてしまうぞ! 佐左木俊郎『錯覚の拷問室』より引用
  • びりびりに引き裂いて便所に流したがずいぶんひどいことをしたものだ。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART1』より引用
  • 体が膨張して服が引き裂かれたかと思うと、その姿は一瞬にして変化した。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • 次へ »