引き続き登場

108 の用例 (0.00 秒)
  • 第1期〜第2期から引き続き登場する人物の声優陣は、総入れ替えとなった。
  • PC98版から引き続き登場しているキャラクターについては、基本的に変更点のみ記述する。
  • 夢の泉デラックスから引き続き登場するコピー能力の一部はコマンド技が新しく追加されている。
  • 乱歩は明智を本作限りのキャラクターにするつもりだったが、評判がよく、以後の作品に引き続き登場することとなった。
  • 前作で好評だった能力アップの1つである野球センスシステムが本作でも引き続き登場するが、本作ではルート方式ではなく決められたポイントを消費して能力を上げる方式になった。
  • また前作で登場したマッドスペシャルも引き続き登場する。
  • だが、ドレフュスとケイトーらは第2作から引き続き登場している。
  • 前作の登場人物も引き続き登場する。
  • また、世界宿屋協会という団体も引き続き登場している。
  • ステータスを上げる成長アイテムは今作も引き続き登場しているが、非売品の上に入手できる数が限られる。
  • また、前月から引き続き登場したりするケースや、さらに数ヶ月にも渡って同じアーティスト・曲が登場するケースがよくある。
  • 車種においても、ファタリタのみ前作より引き続き登場している。
  • ほとんどは新キャラだが、前作から引き続き登場する者や、前作のキャラによく似た別人もいる。
  • サトシやムサシ、コジロウなど前作から引き続き登場しているキャラクターは目を中心にデザインが一部変更されている。
  • また、『演義』にしか出てこないなど実在を疑われる人物も引き続き登場している。
  • また、妖精キャラも引き続き登場し、前作同様、育成する事が出来る。
  • また前作で登場したカエルの「ガマパックン」も引き続き登場する。
  • 数回登場した青木与兵ヱと十吉は、次作『帰って来た用心棒』にも引き続き登場している。
  • このシリーズで初登場し、後のSFC版シリーズで引き続き登場となったキャラもおり、また、SF的な要素も入っているなど、後のシリーズの基礎になったとも言える作品である。
  • 以降の『EX』シリーズでも乱入ボスキャラクター的な立場で引き続き登場している。
  • 次へ »