引き続き用い

34 の用例 (0.00 秒)
  • 復活祭期の間も、復活祭のいくつかの要素が引き続き用いられる。
  • ただし、北朝鮮と異なり「統一新羅」の呼称は引き続き用いられている。
  • 律令制導入後公式には代の使用は行われなくなるが民間の慣習としては引き続き用いられる。
  • 魔法の名前は主にガンダムシリーズに登場する兵器などの名前が元となっており、一部の続編でも同様の体系が引き続き用いられた。
  • これらの印章は、1873年の国章制定後も完全に廃止されることなく引き続き用いられた。
  • 現在も引き続き用いられることが多いものの、本来は解体の上、再構成されるべきものである。
  • 他地方では引き続き用いられ、宝暦4年の仙台では火災のたびに車長持が引き回される状況があった。
  • これが中華人民共和国でも引き続き用いられている。
  • ドミニカ国の国章は、1961年に制定されており、1978年の独立後も引き続き用いられている。
  • 旧国鉄においても1970年代には蒸気機関車はすでに姿を消していたが、列車荷重は蒸気機関車をモデル化したKS荷重が引き続き用いられていた。
  • アウエンシュタインと合併後の新しい自治体としてのイルスフェルトでも、従来の紋章と旗が引き続き用いられることになった。
  • 基地が1963年に日本へ返還され、航空自衛隊入間基地となった後も引き続き用いられたが、1982年に廃駅となった。
  • これらの点が、続刊の詩集においてもタイトルとして引き続き用いられる一因とも考えられる。
  • ヴァイマル共和政におけるドイツの正式な国号は、社会民主党らが提案し、後に日本を始め他国の言語での翻訳でも実際多く用いられたドイツ共和国が拒否されたため、帝政時代の正式な国号であるが引き続き用いられた。
  • 一部の宗派では、明治初期の、大教宣布運動を担う宗教官吏教導職の階級呼称も引き続き用いられている。
  • なお、国土地理院では前身の陸軍陸地測量部が使用していた崎の字を引き続き用いており、地図では崎の字が用いられる。
  • ただしAN/SQS-4など旧式機との換装には、本機が引き続き用いられた。
  • 元々グループN規定はグループNカップというレースカテゴリにおいて使用されており、グループNカップがFIAによりプロダクションカー世界ラリー選手権に移行してからも引き続き用いられている。
  • しかしオタルナイ場所の呼称は引き続き用いられ、クッタルウシと呼ばれていた現在の小樽市中心部が、オタルナイと地名を変えることになる。
  • これらは明治6年太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級呼称として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級呼称を和訳する際にも当てはめられた。
  • 次へ »