引き続き搭載

44 の用例 (0.00 秒)
  • 前作にあったチャンレンジモードやオンラインモードは引き続き搭載されている。
  • また、前作にあったDSiカメラを使った機能や選手のダウンロードなども引き続き搭載されているが、前作まで搭載されていたカード野球は今作では収録されなかった。
  • 更にイベントエディタも前作に引き続き搭載された。
  • 従来あった振動機能は搭載されていないが、以前の感圧入力機能も引き続き搭載され、大幅な軽量化を実現している。
  • カード野球も好評により引き続き搭載されている。
  • 前作にあったダウンロード機能が引き続き搭載されており、今作ではカード野球で使用するカードをダウンロードして入手するもので、ダウンロードすることでそのカードがゲーム中に条件なしですぐに使えるようになる。
  • Mac OS Xにも、計算機アプリケーションが引き続き搭載されている。
  • しかし、この時点では機関部門では満足のいくモーターが未開発ということもあり、サーモン級に引き続き折衷型の複合型機関が引き続き搭載されることとなった。
  • カメラは引き続き搭載しない。
  • フォーカスを合わせた被写体を自動追尾するチェイスフォーカス機能も引き続き搭載されている。
  • 砲射撃指揮装置としては72式射撃指揮装置1型Aが引き続き搭載され、水中攻撃指揮装置としては新開発のSFCS-6が搭載された。
  • 対戦時のキャラクター選択や個別連鎖ボイスは前作に引き続き搭載されているが、画面形式が少し変わり、画面中央で小さなキャラクターが連鎖やダメージなどの状況に合わせて細かくアニメーションするようになった。
  • クルセーダー巡航戦車の後継車には、クルセーダーの発展型である巡航戦車A24が採用されたが、クルセーダーと同じナッフィールド・リバティー・エンジンが引き続き搭載されていたこともあって機械的信頼性に問題を抱え、そのため実戦には参加せず国内で訓練用として用いられていた。
  • TG300で用意されたGS互換モードは、以後全てのXG対応音源にも引き続き搭載された。
  • また、目を自然に大きくし、肌の色をより美しく調整する「美肌+ひとみ強調モード」も引き続き搭載されている。
  • もっともブレーキについては基礎ブレーキ装置が台車シリンダー式となったために中継弁併用とされたものの、弁装置そのものは従来通りのA動作弁によるAMA-RL自動空気ブレーキが引き続き搭載された。
  • SQQ-89は、本級の原型艦であるスプルーアンス級駆逐艦においてはじめて実用化されたもので、本級でも引き続き搭載される。
  • P-08Aに搭載されている「おまかせiA」も引き続き搭載しており、設定を変えなくてもカメラが撮影状況を自動認識し、最適な設定で撮影できる。
  • AXL作品としては前身であるすたじおみりすペレット時代も含めて初めてクイックセーブと直近のターニングポイントまで戻る機能が搭載され、この二つの機能は以降のAXL作品でも引き続き搭載されている。
  • 本代でもK6A型を引き続き搭載するが、6代目で一旦廃止となっていたVVTが再搭載され、インテークマニホールドの形状変更により給気効率を高めた。
  • 次へ »