引き続き指揮を執る

16 の用例 (0.00 秒)
  • 翌28日には2014年も柳下が引き続き指揮を執ることが発表された。
  • その一方で、手倉森は翌年も引き続き指揮を執ることになった。
  • 翌2004年シーズンも引き続き指揮を執ったが低迷し、7月に解任された。
  • そして、その地方の敵対者に対する討伐においても、引き続き指揮を執った。
  • 同年12月7日に、2015シーズンも引き続き指揮を執ることがクラブから発表された。
  • 監督解任・辞任に伴って監督代行に就任した指導者は、日本プロ野球ではシーズンが終わると退任する場合が多いが、そのまま正規の監督に就任し引き続き指揮を執る例もある。
  • 最終的にリーグ戦2位でシーズンを終えたため、なんとか首の皮が繋がり2010-11シーズンも引き続き指揮を執ることになった。
  • 浜松・東三河フェニックスとしてbjリーグ転籍後も引き続き指揮を執る。
  • このため、ポープがポトマック軍の指揮を取ったと誤解されていることが多いが、この間ポトマック軍の司令部はワシントン郊外に置かれており、マクレランが引き続き指揮を執っていた。
  • 翌2004-05シーズンも引き続き指揮を執ったが、10試合終了時点で最下位だったために解雇された。
  • さらに、ヒディンク監督が引き続き指揮を執ったオーストラリア代表は本大会でも、ベスト16という大躍進を見せた。
  • 石崎は翌シーズンも引き続き指揮を執ることが内々に決まっていたが、それが地元紙にスクープされるとサポーターたちから不満が噴出し、結局クラブOBの長谷川健太を新監督に据えるために、石崎は身を引くことになった。
  • 甲府時代の選手やJ1チームから有望な若手選手を獲得するなどし、成績こそ3年間下位に甘んじたものの清原邦彦社長からの信頼は厚く、契約満了を迎えた2013年オフに他クラブからのコーチオファーもあったが2014年も引き続き指揮を執ることが決定した。
  • 続く2012年-2013年シーズンも引き続き指揮を執ったが、2012年2月の時点でウエスタンカンファレンス5位に低迷し、シーズン中の同年3月1日に契約を解除された。
  • ガンバ大阪の監督就任の可能性もあった中、 翌シーズンも引き続き指揮を執ったが、ミナスジェライス州選手権準決勝敗退とコパ・ド・ブラジル3回戦敗退の責任でセリエA開幕前にクラブを離れた。
  • 次ぐFIFAワールドカップ・ドイツ大会予選においても引き続き指揮を執ったが、第1戦のアゼルバイジャン戦、第2戦の北アイルランド戦を共に引分けると2004年9月に監督を辞任し、古巣のブラックバーン・ローヴァーズの監督に就任した。