引き続き営業

41 の用例 (0.00 秒)
  • 地下一階アットカフェ紙屋町店はリニューアルまで引き続き営業していた。
  • また、鉄道の再開後も国鉄バス路線は引き続き営業した。
  • また、都市間バスのターミナルが当駅前にあるが、こちらは引き続き営業している。
  • 閉店後は、特産品と九州産焼酎を扱う2店舗が引き続き営業している。
  • 第二次世界大戦終了後も、引き続き営業が行われた。
  • この検査場はしなの鉄道車両の検査を受託しているため、屋代線廃止後も引き続き営業中である。
  • 秋田県内の12店舗と北海道の2店舗はコメリが引き続き営業をする。
  • 富士通を通じて引き続き営業戦略を展開するとしている。
  • エールエールA館の建設で消滅したが、現在も引き続き営業している店舗も存在する。
  • その為、従来からあった店舗が引き続き営業しているケースも多く、超高層ビルの近代的な姿の中にも下町的な雰囲気の店舗構成と運営がなされている。
  • この計画内容は若干の変更が行われ、最終的には比較的経営状態の良い観光部門は各々の会社によって引き続き営業を続け、乗合部門のみを統合した新会社を設立する計画となった。
  • なお、2014年のアピタ閉店後も別棟の各店舗は引き続き営業を行っている。
  • グンゼスポーツやコープこうべといった従来の一部の施設や店舗も、引き続き営業を継続している。
  • 現在も引き続き営業を続けている。
  • なお地下1階は天神地下街への通り抜けのため引き続き営業時間内は開放している。
  • テアトル銀座は同館の地下に名画座として引き続き営業していた。
  • 旅客営業の廃止後も貨物駅としては引き続き営業していたが、1990年代後半からは実質上休止となり、2006年に廃駅となった。
  • なお、成田空港の利用権を失わないために、旅客便の代わりに貨物便を就航させる予定で、同航空の日本支社も旅客路線の撤退後も引き続き営業を続ける予定であったが全ての支店を閉鎖し最終的に撤退することになった。
  • なお、BAOO高崎はウインズ高崎の営業終了後も引き続き営業するとしている。
  • 一部のテナントが引き続き営業しており、新テナントも入居するなどしているが、一方で撤退する店舗も相次いでいる。
  • 次へ »

引き続き営業 の使われ方