引き取る

全て 動詞
854 の用例 (0.01 秒)
  • 報告は事務的に聞くだけで、晩年は十分や十五分で引き取ってもらった。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 文四郎の話を聞いた織部正が、屋敷の者に命じて引き取らせたのである。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • わたしを引き取って一緒に暮らしたいといってくれたのは息子夫婦でした。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • あの子を自分の子供として正式に引き取ろうと思っていたのですから。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 私はその問いを引き取って、そのときどこに出かけていたかを説明した。 クリスティ/中村妙子訳『牧師館殺人事件』より引用
  • 息を引き取った後に病院で死亡を確認し、報告書を警察と領事館に送る。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 薬はおくみが高麗屋から引き取ってきて荷物の中に入れて置いたものだ。 藤沢周平『又蔵の火』より引用
  • それから、店の者に、ドイツ軍へ電話をして引き取りに来てもらいます。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • 彼は母が息を引き取った時にも、そんなに取り乱して泣きはしなかった。 山本有三『路傍の石』より引用
  • その通りにすれば、お前を武田方へ引き取り出世させてやるというのだ。 池波正太郎『わたくしの旅 (池波正太郎未刊行エッセイ集2)』より引用
  • それから数日して、一蔵はだれにも看取られることなく息を引き取った。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • こうしている間にも、どこかの家で誰かが息を引き取っているはずだ。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 葉子は誰にとも何にともなく息気を引き取る前に内田の来るのを祈った。 有島武郎『或る女』より引用
  • 葉子はそうしたまま倉地の胸で息気いきを引き取ることができたらと思った。 有島武郎『或る女』より引用
  • 夜になって、彼の部屋に引き取ったとき、私は、そのことを彼に言った。 ルルー/木村庄三郎訳『黄色い部屋の秘密』より引用
  • 病状が悪化していた母親は初優勝を見とどけた3日後に息を引き取った。
  • 卒業をすれば立派になって、東京へでも引き取るのが子の義務である。 夏目漱石『野分』より引用
  • それを見て彼は、本当に弁護士に相談して娘を引き取ろうと決意した。 大石圭『飼育する男』より引用
  • それによると、三歳のときに両親が離婚し、彼女は母親に引き取られた。 多島斗志之『症例A』より引用
  • 先日も、彼の遺体を引き取りにきたときは、わたしの家に寄っていった。 荒巻義雄『「新説邪馬台国の謎」殺人事件』より引用
  • 次へ »