引き上げる

全て 動詞
1,569 の用例 (0.01 秒)
  • 先刻から、しきりに引き上げることを主張していた吉行が、また言った。 安岡章太郎『良友・悪友』より引用
  • わざと違う印鑑を持ってきて、それを指摘させ、あっさりと引き上げる。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 村に攻めこんだ歩兵は、引き上げると、今度は村を包囲することを命じられた。 黒島伝治『パルチザン・ウォルコフ』より引用
  • 今日もこれから拓一に手伝って、流木を泥の中から引き上げるつもりだ。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • だから公事方が井上家から引き上げるとすぐに、渡部は啓一郎と会った。 宮部みゆき『孤宿の人 (上)』より引用
  • そこには漁師たちがボートを引き上げるのに使う幾台かの巻轆轤まきろくろなどがあった。 ルブラン/保篠龍緒訳『八点鐘』より引用
  • ぼくは、もっと大きな船を浜に引き上げるのを見る方が好きだった。 コニイ『ハローサマー、グッドバイ』より引用
  • しかし合宿所を引き上げるまで、とうとうその女は姿を見せないでしまった。 久米正雄『競漕』より引用
  • だから深夜さんには赤音さんを引き上げることはできない。 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • 伍長が引き上げるとすぐ、一人の女が私のほうへやって来るのを見たのです。 メリメ/江口清訳『カルメン』より引用
  • あと二十分ほどして六時になったら引き上げるつもりで。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 佐文字はザイルを投げては引き上げることを、幾度もくりかえしている。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • あらかじめ見張りを立てて指揮官の号令一下で未練を残さず引き上げる。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 忠行は引き上げるつもりになって、もう一度屋敷の隅々に目を凝らした。 高橋克彦『紅蓮鬼』より引用
  • やがて多左衛門が来て、そのとりなしで与三郎と安は金をもらって引き上げる。
  • この増加で、襲撃部隊の規模を引き上げることが可能になった。
  • ユズちゃんは、こちらを引き上げるのに、挨拶にも来ませんでしたよ。 新津きよみ『愛読者』より引用
  • しかし、彼は自分の能力を更に先まで引き上げることができることに気付いた。
  • その時から4月まで潜水夫と乗組員が財宝のすべてを引き上げる仕事をした。
  • 次の開催都市に移動する者もあれば、母国に引き上げる者もいた。
  • 次へ »