引き上げる際

17 の用例 (0.00 秒)
  • 各騎士団の騎士が試合場から続々と引き上げる際、ロビンスは直々に勝者の若者に声を掛けた。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • さらに、自らが委員長を務める「地域医療医師派遣適正配置委員会」では、地域の病院に派遣した医師を引き上げる際などに派遣先の病院長の意向を聞いて調整するという全国初の取り組みを実施し、医師配置の体制を整えた。
  • 一礼して副団長の幕舎を引き上げる際、バルロはしばらく逡巡しゅんじゅんして、小さな声で言った。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • 引き上げる際、連合艦隊は海岸に停泊していたフランス艦隊を砲撃したが、フランス艦隊は7月に敵艦隊接近で港口封鎖と捕獲阻止で自沈させていたため、砲撃もあり海軍再建は不可能となり、連合艦隊の地中海進出は容易となった。
  • 試合前の入場時や試合後に控え室に引き上げる際、テレビカメラマンを竹刀で頻繁に攻撃していた事も定番である。
  • 海底から蛸壺を引き上げる際も、壺から逃げるタコは滅多におらず、壺の中でじっとしている。
  • 塚口駅構内で当線から神戸本線上り梅田方に線路が繋がっており、西宮車庫へ車両を引き上げる際には、一旦神戸本線に入りスイッチバックをして同駅構内の渡り線を使用して西宮車庫へ向かう。
  • キャップを引き上げる際、かなりの力を要するので、布巾などで包んで引き上げると良い。
  • 実相寺自身は、満州で見た大陸の地平線に沈む真っ赤な夕陽に強い印象を受け、その後日本へ引き上げる際に貨車から見た夕陽には不安や悲しみ、寂寥感などを感じたと、池田憲章との雑談の中で述べている。
  • なお、同駅東側の兵庫県道13号尼崎池田線との立体交差工事中は神戸本線上の渡り線が撤去されたため、同線から西宮車庫へ車両を引き上げる際は園田駅まで行き折り返していたが、渡り線復活後の2006年10月28日のダイヤ改正時に同駅渡り線による折り返しが再開された。
  • かもしか荘を引き上げる際、江間は白井にそう言った。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • 国鉄時代最後の実験車として貴重な存在であったが、1991年10月、実験走行中に補助支持車輪のパンクを再現する機構が誤作動してロックし、牽引車両で引き上げる際に摩擦でマグネシウムホイールから出火し、焼失してしまった。
  • ベルギー人が引き上げる際にルワンダでは「民主化」としてツチによる君主制が打倒され、1962年にルワンダとブルンジがそれぞれ独立した。
  • 小野は海軍伝習所時代の後輩榎本武揚らとともに殿軍として残りの幕府軍艦で江戸へ引き上げる際、大坂城御金蔵に貯蓄されていた古金18万両を江戸へ持ち帰った。
  • 更に、天正14年岩屋城攻め、豊臣秀吉の九州征伐により豊後国より引き上げる際にも軍労を為したが、天正18年に死去した。
  • 京浜急行電鉄の最高速度を105km/hから120km/hに引き上げる際に、閉塞区間を信号機の移設・増設、閉塞数の変更を行わずにブレーキ距離を確保するために導入された。
  • 演出の柴田侑宏は杜の退団にかけて、討ち入りが成功し、赤穂浪士が泉岳寺に引き上げる際大石に「もはやこれで、思い残すことはござらん」という台詞を与えている。