引き上げる途中

9 の用例 (0.00 秒)
  • 館長に挨拶だけして引き上げる途中、ニカちゃんはしきりに呟いた。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • これらの記録から外洋域に生息すると推測されるが、網が曳かれた海底付近に生息するのか、網を引き上げる途中で通過する中層に生息するのかは不明である。
  • これは三方ヶ原の戦いで敗れ浜松城へ引き上げる途中の家康が当地で小豆餅を食べたが、武田軍が迫ってきたため代金を払わず逃げた。
  • この学校での残した抜群の成績に目をつけて、最初は牧師の原稿のお手伝いとして、次いで1761年に七年戦争からロシアへ引き上げる途中、モールンゲンに駐在していた軍医に彼の才能が見出され、ヘルダーを外科医にすることを目論み、の医学部に入学させるために、ケーニヒスベルクへと彼を連れていった。
  • ところが、同年開催された東西合併連盟大相撲で栃木山守也の横綱土俵入りに付き従って引き上げる途中で心臓発作を起こして倒れ、その後遺症が最後まで残ったことで活躍した場所が非常に少なく、横綱在位15場所で皆勤は上記の優勝1回を含めて僅か3場所だった。
  • 嘉吉元年6月、嘉吉の乱により赤松満祐に殺害された足利義教の首は、本領に引き上げる途中の赤松氏軍勢によってこの寺に放置された。
  • なかでも「蛇石」という巨石は五間余、推定三万貫あったが、しかし引き上げる途中で綱が切れ、横滑りした蛇石に150人余が挽き潰された。
  • ベトナムからアメリカに引き上げる途中で立ち寄った横須賀で、ブライアンと偶然再会し除隊、結婚する。
  • また、讃岐守の父永春も援軍として駆けつけたが、形勢不利と見て、親類田舎館家の居城田舎館城に引き上げる途中、小笠原信清隊に討たれた。