式塩田

20 の用例 (0.00 秒)
  • また、1999年からは、流下式塩田での塩の製造も行われている。
  • 入浜式塩田が導入された時期には、1塩戸の大きさは平均2町歩前後に拡大した。
  • 直島南部の山の上にある棚田状の立体式塩田跡の地下に建設された。
  • その後1924年に入浜式塩田が完成し村営事業として本格的に製塩が始まった。
  • 流下式塩田は大量の塩需要に対応するために1950年代までに開発され、採用された方式である。
  • また、当時の産業としては漁業より農業が主で、入浜式塩田による製塩業が主なる収入源になっていた。
  • 開発資本が広範囲から調達されたこと、入浜式塩田からの転換ではなく初めから流下式塩田として出発したことなどを特徴とした。
  • イオン交換膜製塩法の本格導入に伴い、約20年続いた流下式塩田による塩の製造が廃止された。
  • 塩田技術の発達に伴い、入浜式塩田に改良された。
  • 塩田の技術が確立してから御塩殿近くの砂浜に揚浜式塩田として作られたのが御塩浜であるが、御塩浜が作られた年代は記録に残されておらず不明である。
  • その後、万葉時代頃から、揚浜式塩田などの塩田法による製塩に移行していった。
  • 江戸時代から約300年間に渡って入浜式による製塩が行なわれてきたが、1950年代半ばには全国の入浜式塩田が流下式に転換されており、錦海塩田はその流れで建設されている。
  • しかしながら入浜式塩田は潮の干満差を利用した製法のため、緯度の高い地域での生産は困難であり、その北限は太平洋側は現在の宮城県、日本海側は現在の石川県であった。
  • その塩田跡地の一角に、かつての入浜式塩田の諸施設を復元し、併せて道具類の展示、塩づくりの様子が展示されている。
  • この方式の導入は干満の潮位差が大きな地域に限られ、土地が海面よりもやや高く、潮汐を利用して海水を塩田に引き入れるのが困難な土地では、従来の揚浜式塩田が残った。
  • 入浜式塩田とは、満潮時の海面より低い所に堤防を築き、内部の広い砂を平らにして造った塩田である。
  • この献身的な働きのおかげで1829年に坂出の東大浜、西大浜に入り浜式塩田がついに完成した。
  • かつては現在の伊勢市二見町から伊勢市大湊町にかけての伊勢湾沿岸で製塩が盛んであったが、瀬戸内海を中心に入浜式塩田が広まってからは衰退し、この一帯の塩田は御塩浜のみとなった。
  • 海蝕と地盤沈下による海岸線が後退したため、1751年に杭を打つなどの護岸工事を行なったが、御塩浜の維持が困難となったため、五十鈴川河口近くの右岸に入浜式塩田として移動された。
  • 日本では元禄時代の経済の急成長により、貨幣経済が農村にも浸透し、四木・三草など商品作物の栽培が進み、漁業では上方漁法が全国に広まり、瀬戸内海の沿岸では入浜式塩田がひらかれて塩の量産体制が整い各地に流通した。

式塩田 の使われ方