廻る

全て 動詞
3,243 の例文 (0.01 秒)
  • 立派だと思った、そして涙をこぼして目が廻る様に感じながら床に入った。
  • 人買いが立ち廻るなら、その人買いの詮議せんぎをしたらよさそうなものである。 ...
  • 今吾々が居る此の場所に地球が廻るに従つてほかの人々が来るだらう。 ...
  • そしてまた、今でもまだ逃げ廻って、日蔭者でいるものも少なくはない。 ...
  • 船で見て廻るうちに、男は五百円懐中ふところに入れたまま、海へ落ちて死んだ。 ...
  • 心に遊びの余裕が出来てから、ゆっくり関西を廻ってみたいと思っている。 ...
  • その日は、お三輪はお力に案内されて料理場の内をもあちこちと見て廻った。 ...
  • いえ、犯人が私の方を廻って行ったような気配はありませんですな。 ...
  • 亡者もうじゃは足がはやく、一般の苦力さえも知らないような近路をして走り廻る。 ...
  • 最後の下りはうねうねと廻り廻っているのにはいやになってしまいました。 ...
  • 僕は例の食器口を開けて、みんなが廊下の廻りを廻って歩くのを見ていた。 ...
  • それを一気に口語ヽヽにまで置き換える仕事には、手が廻らなかったのです。 ...
  • 彼ならどんな用向を頼まれても、勝手に王宮の中を歩き廻れたですがね。 ...
  • それは彼女がたった一人、暗いやぶだか林だかの中を歩き廻っている夢だった。 ...
  • 私はいつもこの夜警がまわって来ると家のなかへはいってしまうことにしていた。 ...
  • 室の隅や庭の中や自分の周囲に、その時々の気分の赴くままに動き廻らせた。 ...
  • だがドモまたにおはちが廻ろうとは俺も実は今の今まで思わなかったよ。 ...
  • たとえば非常に速く廻っている車が見えないのと同じわけであった。
  • ポオルは、彼女の態度には気付かず、そのまま庭を見て廻るのを続けた。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:廻る