廻る音

39 の例文 (0.00 秒)
  • 出ない間ボンヤリして機械の廻る音を聞いてゐますと気が遠くなつてしまひます。 ...
  • 鍵の廻る音がしてから問もなく千鶴子は眠そうな顔でドアを開けた。
  • あまり調子が良過ぎて、フィルムの廻る音を聞いていると睡くなるくらいだ。 ...
  • 結構な昔の世に戻ったように、 騎士らしく打って廻る音が、もうここへ聞えますね。 ...
  • 気のせいばかりでなく、邸内にも最早人の走り廻る音がしている。 ...
  • 古いすすけたうちで夜になると鼠が天井張てんじょうばりを駆け廻る音が騒々しい。 ...
  • その間当然聞こえるはずの妻が寝室を歩き廻る音が聞こえないのに、彼は気がついた。 ...
  • 工場内は、歯車の廻る音や蒸気の湧き立つ音で鼓膜が痛いほどである。 ...
  • やがて扉の向うで、鍵の廻る音が聞えた。 ...
  • 艦内には、スクリューのまわる音と機関の音がしているだけで、艦の動揺は全く感じられない。 ...
  • 室内はひっそりしていて、窓の外の風信旗の柄が壺の中で廻る音や、石の鳥のさえずる声が聞えるほどである。 ...
  • 部屋の中を歩き廻る音がする。 ...
  • カタリとノブの廻る音がして、次の瞬間一番近いドアがさっと両側に押しひらかれた。 ...
  • 文句はそこで途切れ、あとはまるで闇の中に沈んでゆくような無気味な沈黙の中に、針の廻る音のみが物淋しく聞えていた。
  • よく聞きすますと地虫の声のようでもあり、やもりの這い廻る音のようでもある。 ...
  • 工場は大きな機械の廻る音で、グヮングヮンしている。 ...
  • 廊下に立っている私たちに、蒸気の音や、メスをそろえる音や、看護婦が下駄げたばきで歩き廻る音が聞えて来た。 ...
  • 次へ