廻る足音

7 の例文 (0.00 秒)
  • 午前三時まで、夫人は夫がいらいらと部屋の中を歩き廻る足音を聞いていた。 ...
  • 隣の恭子の部屋からは、男が歩き廻る足音が聞こえた。 ...
  • 急いでかけ廻る足音がする。 ...
  • 田中さんが「子供が走り廻る足音」だと思っていた音は、こちらのとりでの兵たちが、右往左往して防戦に努めている物音なのであろう。 ...
  • 清潔な下着に着換え、讃美歌を唄いながら、今か今かと待っていたが、その夜は庭を歩き廻る足音ばかりで格別のこともなかった。 ...
  • この座敷は母堂の居間で、お勝手に近いので、せわしく指図さしずをしている母堂の声や、それに答える女中たちの声、あわただしく走り廻る足音や、何か重いものをドスンと落す音、にぎやかな笑い声やシュウ、シュウ水を流す音などが雑然といり交ってここまで響いてくる。 ...