廻る程

10 の例文 (0.00 秒)
  • 天氣がよければ家内等は、運び來つた濡れものゝ仕末に眼の廻る程忙しい。 ...
  • 春さんも鮎太も酔いが廻る程飲んだが、若いカメラマンだけは、仕事前だからと言って盃に手を触れなかった。 ...
  • そして酔が廻る程に肯定的な気分が広がって来て、私は折笠先生にしきりに或る働きかけをし始めていることに気付いた。 ...
  • 今や構内をあげて目の廻る程仕事をし、猫と杓子とその子供達とが総がかりで、バシャリバシャリ、何百何千と製造している。 ...
  • 清洌な清水が滾々と絶えず湧いて水車が廻る程豊富な水量だった。 ...
  • 目の廻る程急がしい用意の為めに、昼の間はそれとなく気が散って浮き立つ事もあるが、初夜過ぎに吾が室に帰って、冷たい臥床ふしどの上に六尺一寸の長躯ちょうくを投げる時は考え出す。 ...
  • 悉く切り詰めた教育で、さうして目の廻る程こき使はれるから、揃つて神経衰弱になつちまふ。 ...
  • しかしとにかく如才のない、世辞のよい、地代から貸金の催促まで家事一切ひとりで切って廻る程あって、万事に抜目のない婦人。 ...
  • ことごとく切り詰めた教育で、そうして目の廻る程こき使われるから、そろって神経衰弱になっちまう。 ...