廻る事

21 の例文 (0.00 秒)
  • 安兵衛のところへ源吾が廻る事になって二人は連れ立って出て行った。 ...
  • 彼那に云ったら何か云い訳位は仕て廻る事だろうと云う事が各自の頭にあった。 ...
  • 彼の都を当てどもなくあちこちとうろつき廻る事である。 ...
  • それでも、彼の同僚が、彼の家に来て、泡盛を飲んで騒ぎ廻る事に変りはなかった。 ...
  • 私が動き廻る事で、犯人をおびえさせるのが目的だった。 ...
  • うつむいて自分の影を見ながら枯れた芝生を歩き廻る事はほんとうに気持よく思われた。 ...
  • 岩屋の室々へ舟を乗り入れて、見て廻る事が出来るのである。 ...
  • 麗華のお節介によりチャコは田宮耕介と夏祭りを一緒に廻る事に。 ...
  • 高い柔軟性を活かした完成度の高いビールマンスピンを左右両脚で廻る事が出来る。 ...
  • ほんとにいつもいつも此処へ来る時はきっと走り廻る事の面白い身軽な兄や書生と一緒で少くも四五人の者が高声で喋ったり笑ったりして来るのに馴れて居ますから機嫌よく仕ながらも左様兄達の様に騒がない私と二つ限りの影坊子を淋しがったのは無理も有りません。 ...
  • そこで、神の託宣を人語に飜訳し、人の動作にうつして、神の語の通辞役に廻る事になつたのであらう。
  • こんな場合、風景の中を撰択の為めに走り廻る事が面倒臭いからと云って、いい加減の所へいい加減の木を附け足して見たり、でたらめの人物を描き添えて見たりする人もあるが、これはよほど熟達した人でない限りは大変危険である、人間の顔の道具を勝手に置きかえて化物とする様なものである。 ...
  • 厄を祓い清め、一年間の無事安泰を祈願する役を果たす衣笠で、右に廻る事無く。 ...
  • 紙に蟹を包み与えると饅頭まんじゅうと思いいただき、開き食わんとして蟹出づるに仰天し騒ぎ逃げ廻る事夥し。 ...
  • 田島と、安部刑事は、手分けして、訊いて廻る事にした。 ...
  • またイリーナ・スルツカヤはビールマンスピンを左右両脚で廻る事が出来、左脚、右脚と軸脚を変えての連続でのビールマンスピンを世界で初めて披露した。 ...
  • 主にメインストーリーには絡まず、ヒートなどの前座番組に出場し、ほとんどの場合引き立て役に廻る事が多かったが、ハクソー・ジム・ドゥガンと異色タッグを組んでいた。
  • 次へ