廻るよう

149 の例文 (0.01 秒)
  • 岸は大門があてにならなくなり、職を求めて毎日駆けまわるようになった。 ...
  • 空も塀も寺の屋根も役人たちも、彼の眼の前をぐるぐる廻るように思われた。 ...
  • イザアトは頭がくるくる廻るような気がしだしたので、寝ようと言った。 ...
  • 安江はよく治療先から、つぎの治療先へ廻るよう電話をしてくることもあった。 ...
  • どうかして、この時計というものを早く廻るようにすることは出来ませんでしょうか。 ...
  • 屋敷の西側に一丈五六尺も廻るようなしいの樹が四五本重なり合って立って居る。 ...
  • 憤怒と恐怖と嫌悪とがもつれ合いいがみ合ってのた打ち廻るようだった。 ...
  • 美濃に縁があるだけに、竹中半兵衛式の芝居がついて廻るように思われる。 ...
  • 笹沢の家は戸口から自由に畑へ廻るように道がついていた。 ...
  • 夢のような何とも知れぬ苦痛の感じが、車の輪のまわるように、頭のなかに動いていた。 ...
  • 車全体はわたくしどもを目の廻るようにゆすっていました。 ...
  • すると今見てきた蜘蛛が頭の中をがさがさ這廻るような気がした。 ...
  • 少年は新らしい烈しい感覚が体中を駈け廻るように感じた。 ...
  • 買いと売りとの毎日毎日眼の廻るような忙しさの中にあった。 ...
  • 倫敦屋ヽヽヽにとっては目の廻るようなことばかりだったようだ。
  • それとも東京が焼けて、こっちに廻るようになったのだろうか。 ...
  • 二人は千恵のように歩き廻るようなことはしなかった。 ...
  • 次へ