廻るやう

16 の例文 (0.00 秒)
  • 二三時間の中には綿の山が地球全部を六七回も廻るやうな長い糸になつて了ふ。 ...
  • 動物園の檻を覗いて廻るやうな残虐な気持で、彼は人々の間を揺れて行つた。 ...
  • 昼も夜も先生はなるべく群衆の中を歩き廻るやうにした。 ...
  • 興奮した彼はくらくらと目が廻るやうに感じた。 ...
  • その目附は馴染のある場所を見て廻るやうな目附であつた。 ...
  • 兎に角或る生々したものが飛び込んで来て、部屋の隅々まで荒れ廻るやうな気がする。 ...
  • 廿四時間で太陽が地球の東から西へ廻るやうに見えるのは、地球が廿四時間で西から東へ、自分で廻つてゐる証拠ですわね。
  • 真夜中頃、トロちやんの枕元で、ごそごそと、誰やら歩るき廻るやうでした。 ...
  • 彼はまた電燈の笠のくるくる廻つたことを思ひ出して、今晩はどうかしてると思ひながら、花の垂れさがつた木の方に眼をやると、廻転機の廻るやうにその花がくるくると廻つて見えた。 ...
  • あの鉄砲を持ち出して暴れ廻るやうな腕白坊主が、一人ほしかつたな。
  • 「それぢや心配でもあるのかい」 彼はなほ頭を掉れば、 「ぢやどうしたと云ふのさ」 宮は唯胸のうち車輪くるまなどのめぐるやうに覚ゆるのみにて、誠にもいつはりにもことばいだすべきすべを知らざりき。 ...
  • それだけに、競馬場でのあのくるくると廻るやうな、速い、曖昧な云ひ残しが、ふしぎに印象を残してゐた。 ...
  • そして病的に過敏になつた彼の神経は、そこらをぎ廻るやうにひらめき動いて、女中を通して、自分のこの室にも病人がゐて、それが彼のはひる少し前に不治の身体になつて帰郷したのだと云ふことや、こゝの主人も丁度昨年の今頃くなつたのだと云ふことなど、断片的にきゝ出し得たのであつた。 ...
  • あまりの忙しさに目が廻るやうなり。 ...
  • 昼「蛇姫」大カット、時間急ぎで眼の廻るやう。 ...