廻ること

222 の例文 (0.00 秒)
  • しかし私はなぜかその気になれず、みんなのうしろにまわることが多かった。 ...
  • 彼は国家機構の壁の上で勝手に這い廻ることは許されない事情があるからだ。 ...
  • そうではないか、われわれは望まずして敵役に廻ることになったのだ。 ...
  • 鉄砲を空に向けて撃つ、それは今度は自分が殺される番に廻ることだ。 ...
  • だって、戦場を駈け廻ることだけが人間のためではないでしょう?
  • コラコラとふたかさねていふときは、あたましたにしあしうへにしてあるまはることである。
  • ところが、そこまで来ると、オランダが敵にまわることが、充分考えられる。 ...
  • 信長の未来構想に真っ向から反対の勝家は、敵方に廻ること必定である。
  • 何事もそこから出発して行かなければこの話は畢竟ひつきようまわりばかり廻ることになりますから。 ...
  • 最初に考えたのは、詩人の仲間に聞いて廻ることであった。 ...
  • いかに写真を見せて廻ることに徒労感を感じているか、分かろうというものだ。 ...
  • もっとも身分柄、気軽に江戸の町を歩き廻ることはできなかった。 ...
  • そしてこの伝説に関する重要な史料がある場所もひとわたり見て廻ることが出来た。 ...
  • この深い雪のなかでは、彼らの不安な気持が求めるままに跳び廻ることはできなかったのだ。 ...
  • 選手は、フィールド上の4つのベースを走って廻ることで得点する。 ...
  • それで山田の通った所を廻ることにして、百米も下ったろう。 ...
  • その強い風の中を歩き廻ることはできなかった。
  • 次へ