廻るうち

19 の例文 (0.00 秒)
  • 船で見て廻るうちに、男は五百円懐中ふところに入れたまま、海へ落ちて死んだ。 ...
  • 歩き廻るうち見かけたものは何でも心にとめておく。 ...
  • ぐるぐる周囲を見て廻るうちに、空気ぬきの切り窓が一つだけ開いているのに気づいた。 ...
  • デパートをまわるうち、どんどん自分がウフコックと一体になっていく感じがした。 ...
  • しかし二十余家を経廻へめぐるうちに、ただ一カ所だけ、五百が仕えようと思った家があった。 ...
  • 裸馬の曲乗りで、四五人の少女がくるくる乗り廻るうちに、一人の少女が落馬した。 ...
  • 三人は摂津国屋に泊って、所々を尋ね廻るうちに、路銀が尽きそうになった。 ...
  • から、彼地あれから小石川へ下りて、其処此処そこここ尋廻たずねまわるうちに、ふと水道町すいどうちょうで一軒見当てた。 ...
  • 郷民達に襲われたので、茅野雄は殺生とは思いながら、幾人かの郷民を叩っ切り、浪江を連れて逃げ廻るうち、岩山の洞窟の口まで来た。 ...
  • 伊東に居た頃、よく彼女のつぶった眼には一つの点があらわれて、それがグルグル廻るうちに、次第に早くなったり、大きく成ったりして見えた。 ...
  • しばらく私が立って眺めていると、小牛は繋がれたままでぐるぐると廻るうちに、地を引くほどの長い綱を彼方此方あっちこっちの楢の幹へすっかり巻き付けてしまった。 ...
  • 夫はいつも通りわたくしに寝鳥の肌ぬくい締め立てでもくわえて来て、私の朝飯に食べさそうと、目白あたりまであさり廻るうち、おぞくも狐師の七蔵に生捕りにされたのでございます。
  • 細かいプレーは記録されていないが、ボールはシェッカードが三振して内野を廻るうち、こっそりシェーファーからコーリンに送られていたものと考えられている。 ...
  • 僕が学生仲間から聞いた話では、松岡は本来別府から佐世保にきて、米軍将校ハウスのテリヤとかプードルを診察して廻るうち、買附け馬の仕事を任されたそうだが、それも彼の風采と英会話が力になったのだろう。 ...
  • 息子の岳神は暇な暇な、父の祖神を山中に案内して見せて廻るうち、ある日、山ふところの日当りの小竹ささ原を通りかかり、そこに二坪近くの丸さに、小竹之葉ささがはが剥げ、赤土がき出ているのを見付けると、息子の岳神は指して笑いながらいった。 ...
  • ルマニヤの俗伝にいわく昔犬頭痛甚だしくほとんど狂せんとし、諸所駈け廻るうち蛇に邂逅でくわせ療法を尋ねた。 ...
  • 青い行燈とその前に突伏つっぷした、雪女の島田のまわりを、ぐるりぐるりと廻るうちに、三ツ目入道も、ぬいと立って、のしのしと踊出す。 ...