廻る

全て 動詞
3,243 の例文 (0.01 秒)
  • 足の痛みで歩き廻る訳には行かなかったけれど、食事など普通にとった。 ...
  • タクシーにバスガールをつけて廻っていたのは私たちだけではなかった。 ...
  • 彼は一体何の目的で警察を煙に巻きながら逃げ廻っているのだろうか。 ...
  • これで一日地球を廻らせると、二十四時間の間に夜と昼が十何回もある。 ...
  • 旅を廻る木綿屋の註文取りにしては眼をつける者が少し商売違いである。
  • もし彼らが機械を破壊するなら、損失はやがて彼らの上にも廻るだろう。 ...
  • 火の廻らないうちに、取り出しておくようでなくちゃ上々とはいえない。 ...
  • そうしてお前と一緒に借りていた家は、古いのから古いのから見て廻った。 ...
  • 帆村は子供の頃の心に帰って、それからそれへとカラクリを見て廻った。 ...
  • まずゆっくりとドア板のまわりを伝わって廻っていかなければならなかった。 ...
  • やはり相手も彼と同じく、彼と同じ速力で、四筋の廊下を廻ったらしい。 ...
  • 久しぶりで上京した人を迎え顔に、下座敷の内をあちこちと歩き廻った。 ...
  • 他人の時間を奪う盗人がこの世にいない限り、自分の空間は廻らぬのだ。 ...
  • そして、気がついた時には、刀を差した男がうしろへ廻って背をさすっていた。 ...
  • 岸は大門があてにならなくなり、職を求めて毎日駆けまわるようになった。 ...
  • 山裾を一つ二つ廻るうちに、何処どこかの小径こみちへ外れてしまったのでしょう。 ...
  • 彼は国家機構の壁の上で勝手に這い廻ることは許されない事情があるからだ。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:廻る