建つ

全て 動詞
2,766 の用例 (0.01 秒)
  • 県道沿いにはレストランなどの郊外型店舗が建ち、都市化が進んでいる。
  • してみると、自分の知らない間に、この原にも建物が建ったのであろう。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • 駅前から国道までの区域は一戸建て住宅の多く建つ住宅地となっている。
  • 僕のような男に相談していたら、永久に家だの部屋だの建つことはない。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • しかし、今スレインの目の前に建つ黒い建物はどこかが前と違っていた。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • よほど運が良かったのか、それとも運の良い場所に家が建っていたのか。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • いまもその洞穴ほらあないりぐちつてゐる碑文ひぶんにそのことがしるされてあります。 浜田青陵『博物館』より引用
  • もともとはこのマンションが建ってる土地もお寺のものだったらしいわ。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • ところが、そのへいの外には、いま大きな家が建ちかかっているのである。 横溝正史『人形佐七捕物帳 15』より引用
  • まるでわたしの記憶から切りとられたように、それはそこに建っていた。 大野木寛『ラーゼフォン第05巻』より引用
  • ビルが一つ建っただけで街の風景はこんなに変ってしまうものなのだろうか。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • さして広くもない庭の一尾に、小さな、お社のようなものが建っていた。 火浦功『大冒険はおべんと持って <みのりちゃんシリーズ>』より引用
  • 確かに、正面の白い壁にくらべて、裏に回ると土壁がそのまま建っていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録02 嵐を招く道士たち』より引用
  • お目当ての番地には駐車場と三畳ほどの庭がついた一軒家が建っていた。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • 戦時中に三菱重工業の飛行機工場が建ち、爆撃対象となったこともある。
  • あたりにはすべて当世風の新しい住宅や商店ばかりが建ちつゞいている。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • それほど高級ではなく、建ってから十年以上は経っているものと思われる。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 領主館がこれほど海際うみぎわに建っているのは、海を見張っているからなんだ。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • 坂の中途に建った家がよくそうである通り、家全体の地盤が坂より低い。 宮本百合子『吠える』より引用
  • 太い舗装ほそう道路が一本あり、その両脇りょうわきに平屋の建物がいくつも建っていた。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • 次へ »