延びのび

全て 副詞
4 の用例 (0.00 秒)
  • これもくに完成しておるべきはずのものですが、未だに延びのびになっています。 上村松園『靄の彼方』より引用
  • このように逗留が延びのびになったので、壁に穴をあけて脱走してやろうかと思いだした。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』より引用
  • 幸いその結婚は、譲治の父親が急に亡くなったところから、いまにいたるまで延びのびになっているのであるが、もし二人がその気にさえなれば、この結婚式はいつでも挙げられるべき性質のものだった。 横溝正史『殺人暦』より引用
  • 親父が死んで、幸之助を急養子にしたんですが、お勝は病気で寝ているので、祝言も延びのびになっているうちに、幸之助は家出をして帰らない。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用