廊下を歩く

317 の用例 (0.00 秒)
  • すると屋敷の方から一人の男が廊下を歩いてくるのが霧を通して見えた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • さて僕たちは二百メートルも長廊下を歩いた末に、やっと大食堂に出た。 海野十三『海底都市』より引用
  • ぬしは何人もの少年に囲まれてさっさと廊下を歩いていくところだった。 D・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』より引用
  • 二年生の教室が並んでいる廊下を歩いていると一組はすぐに見つかった。 五十嵐雄策『DVD「乃木坂春香の秘密」第2巻 初回限定版パンフレット 「みかのひみつ」』より引用
  • 頼子が廊下を歩いて電話のあるところに来る姿が目に見えるようだった。 松本清張『波の塔(下)』より引用
  • われわれはわたしの階でエレベーターを止めて、廊下を歩きだしていた。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • 私たち二人は執事に案内されて、またこの邸の広い廊下を歩いて行った。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 男は少女の残された部屋を振り返りもせずに、狭い廊下ろうかを歩いていった。 今野緒雪『スリピッシュ! 02 ―盤外の遊戯―』より引用
  • だが、いくらホテルだからといって、裸で廊下ろうかを歩くわけにもいくまい。 赤川次郎『探偵物語』より引用
  • ホールへと続く廊下を歩き始めたところで、秋穂は知った顔を見つけた。 神永学『コンダクター』より引用
  • 廊下を歩いていくと、さっきとは別の看護師が歩いてくるのが見えた。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • 廊下を歩いてくる看護婦たちの顔を、彼は通りすぎながら横眼で見た。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • 桐子夫人の後を追うようにして廊下を歩く私の背後で、少女の声がした。 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』より引用
  • 家の中で誰れかが起き出したらしく、廊下を歩く足音がかすかにしていた。 森瑤子『アイランド』より引用
  • 二人は階段を上って、ステラ・ケンウッドの室まで廊下を歩いて行った。 ガードナー/田中西二郎訳『どもりの主教』より引用
  • わざと聞き耳をたてながら、ゆっくり廊下を歩いて行くような気がする。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • 廊下を歩いて来る人は、二間も三間も隔たった向うから神尾の名を呼ぶ。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 上の階でエレベーターを降り、ガラスりのドアが続く白い廊下ろうかを歩く。 桜庭一樹『GOSICK 第3巻』より引用
  • そんなことを考えながら廊下を歩いていると、後から呼ぶ者があった。 海野十三『戦時旅行鞄』より引用
  • 何の目的もなく、こんなにゆっくりと廊下ろうかを歩いていたことなどなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 06 ウァレンティーヌスの贈り物(後編)』より引用
  • 次へ »

廊下を歩く の使われ方