廃屋同然

25 の例文 (0.00 秒)
  • 前庭が広く、その奥に二階建ての工場が建っているが、廃屋同然である。 ...
  • かつては置屋などの立ち並ぶ一帯もあったが、現在は廃屋同然となっている。 ...
  • 現在も町の大半が江戸時代の姿を残しており、大部分は実際に住居としても使用されているが、中には廃屋同然に放置された建物も存在する。 ...
  • その大方は家具が盗まれ、あるいは壊されて、廃屋同然の家であった。 ...
  • たった三十年つこうただけで廃屋同然になってしまいますのや、ニューヨークでは。 ...
  • その時の高岡の話では、七、八年前に買い取ったのだが数年間は誰も住んでおらず廃屋同然であり、前年の台風で屋根が壊れて三ヵ月前に建て直したばかり、とのことだった。 ...
  • おかげで西離宮は廃屋同然になっている。 ...
  • 制作が思うにまかせないアーティストたちは、比較的住まいに近いソーホーに、廃屋同然となった倉庫が利用者もないまま打ち棄てられているのに目をつけた。 ...
  • キングスポートからドーム状の丘の間を蛇のように流れるミスカトニック河と並走するアイルズベリイ街道を西の上流に向かって遡り、頂上に環状列石が残るラウンド山の斜面と河の間に廃屋同然の家が建ち並んでいるとされる。 ...
  • 廃屋同然の遺棄、放棄された住居や建造物に侵入し、かつそこに居座ったような場合は、軽犯罪法第1条第1号の適用が検討される。 ...
  • アルン・ラシッドの屍体したいを発見したのは、毎朝、廃屋同然のその道観の掃除をしていた老婆だった。 ...
  • マヌエルの話だと、なかの機械はさびつき、廃屋同然だという。 ...
  • 仕事場は鉄工所の裏の空き地にある、廃屋同然の平屋でした。 ...
  • そのへんまで来ると、同じ別荘地にはなつているけれども、家はごくまばらで、しかも、今は荒れるにまかせた廃屋同然の建物ばかりで、持主はあつても、今更それを役立てようというつもりはなく、いくらにでも買手があれば早く売つてしまいたいとおおかた思つている。 ...
  • 久し振りに生まれ故郷の四国の山村に一人戻った夏川結衣ちゃんが主人公なのだが、よせばいいのに彼女は廃屋同然の古い日本家屋に一人でふとんを敷いて泊まる。 ...
  • サンチャゴは5年も空き家だった廃屋同然の家を改装することに嬉々としているが、エリサは暗く不気味な家の雰囲気に嫌悪感を抱く。 ...
  • 小池を待つ間、妻から聞いた話によれば、小池は東京生まれの東京育ちだったが、五十を過ぎた頃から、しきりに、老後は、田舎に引っ込んで、のんびり畑でも耕しながら暮らしたいと言うようになり、その念願かなって、廃屋同然になっていたこの農家を買い取り、晴耕雨読の毎日を過ごしているのだという。 ...
  • 次へ