廃屋じみ

3 の例文 (0.00 秒)
  • 建物が廃屋じみており、灯火がまったくないことだけが日常性を欠いている。 ...
  • 廃屋じみて誰もいない母屋は、荘重な家具の類を並べながら、その秘密を明かそうとはしなかった。 ...
  • 墓参を済ませたあと、仕残した荷物の整理をするという彼に従って、あとの三人も目白へ立寄ったが、表札も剥がされ、廃屋じみて静まった家へ入ってゆく後姿を見ていると、氷沼家の崩壊は、もうすでに完了したと思うほかはなかった。 ...