座を狙う

45 の用例 (0.00 秒)
  • 私がひそかに第二の白洲正子の座を狙っていることに気づいたのだろうか。 柴門ふみ『ぶつぞう入門(上)』より引用
  • スルタンの座を狙う弟をイタリアに幽閉してもらうための交換条件だった。
  • 冒険者一の戦士の座を狙うのであれば、同等以上の力を持つスカルダもいた。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 射撃兵なら誰もが射撃王の座を狙うことが可能である。
  • 保安委員長の座を狙っているというが、ま、それは無理だろうと、おれは思う。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • かつてボスの座を狙ってロスと戦った時のことを、カーは思い出す。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 射撃王の座を狙う射撃兵は、柱の上に括り付けた割り木を順番に撃つ。
  • 見方によっては、社長の座を狙う本部長にいいように使われていたとも言えなくはなかった。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • だが、俺が身を固めてしまえば夫人も王妃の座を狙っていると言われずにすむ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • ウォーフとはこれ以前にも何度か戦ったことがあり、自分の座を狙う者の一人として認めていた。
  • のちにこれは首相の座を狙ったシュライヒャーがオットを使って策謀したのだと言われた。
  • だが、紀元前660年に魯公の座を狙っていた慶父によって、暗殺されてしまう。
  • 学長の座を狙っており、成績不振の野球部を廃部にしようとする。
  • 特に後者の際は、モスクワ君主の座を狙うジグムントの計画を支援していた。
  • やっぱり、祐巳さんのスールの座を狙っているんじゃない? 今野緒雪『マリア様がみてる 14 涼風さつさつ』より引用
  • もっともハイドリヒ自身はヒムラーを飛び越えて内相の座を狙っていたという。
  • 彼はおそらく族長の座を狙っているのだ。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 劇中ではそれほど明確には表現されていないが、内心ではシュルツを追い落として司令官の座を狙っているという設定であった。
  • しかし、次の天下人の座を狙う関東250万石の大老・徳川家康が次第に台頭してゆく。
  • ジョージ・サントスがズッグの習慣に反し、大統領の座をねらっていることも間違いない。 樋口有介『楽園』より引用
  • 次へ »