座り

全て 動詞 名詞
5,711 の用例 (0.02 秒)
  • 真の隣にもむらさきに髪をめた婦人が座り、女性雑誌をひざの上に広げている。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • いつまでもここに座り続けて、自分はなにもせずに老いてゆくのだろう。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 言うことはなにもなかったけど、いっしょになって体育座りをしてみる。 伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』より引用
  • ミスター・マッキーは椅子に座り、拳を膝の上に乗せたまま眠っていた。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 老婆は女の子に手を引かれるように、一番後ろの長い座席に座りました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • ラムジーはバックパックを前にお座りをし、彼を見上げて鼻を鳴らした。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 二人は観客スタンドに座り、チームの最後のメンバーの選抜を見物した。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 遠子先輩はぼくのとなりに並んで座り、右手をそっと握っていてくれた。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • 気がつくと、牧人はちゃんとチャイルドシートにお座りさせられていた。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 「ぼくはひとりだよ」と千三はとうともせず大地に座りながらいった。 佐藤紅緑『ああ玉杯に花うけて』より引用
  • 帯のあいだにねじこんだ十手の座りが悪くて、なんだか歩きにくそうだ。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • そばに看護婦ではなさそうな白衣の若い女性が座り二人の会話を記録していた。 山田太一『遠くの声を捜して』より引用
  • それが合図だったかのように、とがめがこちらに戻ってきて、座り直す。 西尾維新『刀語 08 第八話 微刀・釵』より引用
  • 彼の運転する車の助手席にすわり、目的の住所へ向かうが、話ははずまない。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • ヒロキはほかの女子を見ようともしないで、じっと体育座りをしていた。 伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』より引用
  • つまり黒犬に無理矢埋お座りのポーズを取らせて、めてやるのである。 有沢まみず『いぬかみっ!09』より引用
  • 二年前から肝煎の末席に座り始めた庄六だが、三十七では歯が立たない。 山本一力『あかね空』より引用
  • と云いさした私は、思わずドキンとして座り直さずにはおられなかった。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • コルはそんなベッドのとなりゆかに座り、腰帯こしおびを外して何事かをやっている。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • その剣幕けんまくに周りが思わずだまったのを見届けて、友佳は椅子いすに座り直した。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • 次へ »