座に就く

144 の用例 (0.00 秒)
  • 教授の座に就いた後は室蘭工業大学や北海道大学でも教授の座を務めた。
  • そのためヴィッキーは3ヶ月間しか皇后の座に就くことができなかった。
  • 延宝七年というと一六七九年であり、翌八年には綱吉が五代将軍の座に就く。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 執政の座に就いた兼実は、それまでの病悩が嘘のように政務に邁進する。
  • ユダヤの王エロドは、自分の兄である前王を殺し妃を奪い今の座に就いた。
  • 決してヘルマーは、実力なくして側近の座に就いたわけではないのだ。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • また世界選手権自転車競技大会の同種目では4度世界一の座に就いた。
  • その根本は、編集部でトップの座に就きたいという金井の野心らしい。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • また1930年には国際陸上競技連盟の副会長の座に就いた。
  • あいつは、いつの日か日本国のトップの座に就こうと密かに狙っているんじゃないかね。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 名の由来は後にフランス首相の座に就くポール・パンルヴェの著した論文 から。
  • また、世界選手権自転車競技大会では通算6度の世界一の座に就いた。
  • 向いの座に就いて、こたえたのは、大目付であった間瀬久大夫ませきゅうだゆうであった。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫6) 裏返し忠臣蔵』より引用
  • いつの間にか、左門が入って来て、座にいていたのである。 柴田錬三郎『岡っ引どぶ 巻三』より引用
  • 鴎外の読者は、右の座に就くものと左の座に就くものとがはっきりと分けられている。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 長矩が初のお国入りを済ませたのは、藩主の座に就いて八年目、十七歳の時であった。 池宮彰一郎『その日の吉良上野介』より引用
  • 血の気の多さを心配されたが、監督の座に就くと人が変わったように穏やかに選手に接した。
  • 客の座に就かされているのは、城之助であった。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(中)』より引用
  • 左門が、座にくと、こんどは、御室大夫の方が、その姿に、見惚れた。 柴田錬三郎『岡っ引どぶ 巻三』より引用
  • 王の弟クローディアスは王妃と結婚し、跡を継いでデンマーク王の座に就く。
  • 次へ »

座に就く の使われ方