店舗販売業

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • このため、店舗販売業において薬剤師が不在になった場合は販売できない。 ...
  • 改正薬事法の施行後、約3年の移行期間終了までに店舗販売業の許可を取り直す必要がある。 ...
  • 一般の生活者に対して医薬品を販売することができるのは、薬局、店舗販売業および配置販売業の許可を受けた者のみである。 ...
  • 一般販売業と同様、改正薬事法の施行後、約3年の移行期間終了までに店舗販売業の許可を取り直す必要がある。 ...
  • 店舗販売業の許可を得るには、第一類医薬品を扱う店舗は薬剤師を、第二類および第三類医薬品のみを扱う店舗は薬剤師又は登録販売者を、それぞれ店舗管理者としなければならない。 ...
  • 第一類医薬品を販売できるのは、薬剤師の常駐する店舗販売業や調剤薬局のみである。 ...
  • なお、一部の医薬品は医療用医薬品の認可のまま流通していたが、薬事法改正により医療用医薬品は店舗販売業の店舗では販売できなくなるため、一般用医薬品としてリニューアルしたものもある。 ...
  • これについては店舗販売業に準じる。 ...
  • 店舗販売業とは、規制緩和により2009年施行の改正薬事法で新たに設けられた一般用医薬品の販売業態である。。 ...
  • thumb|調剤を行うドラッグストアの例、処方箋受付の看板がある日本においては、薬剤師が常駐し、処方箋医薬品を販売・授与できる薬局または店舗販売業の許可を受けて営業しているものが多い。 ...
  • 従来の一般販売業および薬種商販売業は経過措置により2012年5月までは店舗販売業とみなされ営業できる。 ...
  • その他情報提供の観点から、処方箋に基づく薬剤の販売の際の書面の交付義務化、薬局における情報提供制度及び掲示の義務化、店舗販売業における一定の事項の掲示義務化がなされることとなった。 ...
  • 「薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令」が平成29年9月26日に公布・施行され、薬局における薬剤師不在時の一般用医薬品の取扱いの見直しがあった。 ...
  • 詳細は店舗販売業。 ...
  • 同時に、医薬品販売の許可の業態が、薬局並びに一般販売業、薬種商販売業、配置販売業及び特例販売業が薬局並びに店舗販売業及び配置販売業に再編された。 ...