序開き

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それらは私にいわせると旅行と称する娯楽の嫌悪けんおすべき序開じょびらきである。 ...
  • 渾沌時代に、劇的組織を与へたものは、序開きの神人問答の段である。 ...
  • 乳業がさかんであったことやイギリスの砲台の序開きから、高成長でダイナミックな都市になった。 ...
  • まずこの急行列車の序開があったあとには旅館ホテルの淋しさ。 ...
  • そんな話をする事には、物慣れている城持ちの貴婦人が、何か序開じよびらきに、一言二言云っておいて、傍に立っていた一人の耳に口を寄せて囁くと、その聞いた女が隣に伝える。 ...
  • 大方草稿を書きおろ序開じょびらきとして妙な声を発するのだろうと注目していると、ややしばらくして筆太ふでぶとに「香一炷こういっしゅ」とかいた。 ...
  • さてこの事件をまく開きとして、ついで今の女流作家の真杉静枝さんが折柄、妙齢美貌の婦人記者で、この島原の事件の前後に知り合い、宝塚の彼女に同じく私より少し年上ではあったが、私はこの人により更生しようと意を決したので、手紙をおくると彼女もまた現在の境涯のさびしさを訴えた返事をすぐにくれた。 ...
  • 金碗大輔かなまりだいすけ八房やつふさもろとも伏姫をも二つ玉で撃留うちとめたのはこの長物語の序開きをするセラエヴォの一発となってるが、日本に鉄砲が伝来したのが天文十二年であるは小学校の教科書にも載ってる。 ...
  • 小屋の木戸が開くのは、まだ日も昇らぬうちであるが、番立ちの三番叟さんばそう、つづく序開き狂言、二建目などは、ほとんど見る客もない。 ...
  • そういうわけで、探偵物語の創作はこれが序開きであるので、自分ながら覚束ない手探りの形でしたが、どうやら人気になったと云うので、更に森君から続篇をかけと注文され、翌年の一月から六月にわたって又もや六回の捕物帳を書きました。 ...
  • ロイトネル氏とアムラが、ちょっとした序開きの二三節を奏する。 ...
  • わたしが今話の序開じょびらきをしたその飛騨の山越やまごえをやった時の、ふもとの茶屋で一緒いっしょになった富山とやまの売薬というやつあ、けたいの悪い、ねじねじしたいや壮佼わかいもので。 ...
  • そういうわけで、探偵物語の創作はこれが序開じょびらきであるので、自分ながら覚束おぼつかない手探りの形でしたが、どうやら人気にかなったというので、更に森君から続篇をかけと註文され、翌年の一月から六月にわたってまたもや六回の捕物帳を書きました。 ...
  • 新生涯の序開だ。 ...
  • わしが今、話の序開きをしたその飛騨ひだの山越えをったときの、ふもとの茶屋でいっしょになった富山の売薬ばいやくというやつあ、けたいの悪い《*》、ねじねじしたいやな壮佼わかもので。 ...
  • わしが今話の序開じょびらきをしたその飛騨ひだ山越やまごえった時の、ふもとの茶屋で一緒になった富山とやまの売薬という奴あ、けたいの悪い、ねじねじしたいやな壮 《わかいもの》で。 ...
  • 念仏踊りなるが故に、巫女の資格の芸能人も、聖の男踊りの姿に扮することを、序開きの条件とし、其後は、巫女舞ひから、多くの小唄組み踊りを演じた。 ...