床に転げ落ちる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 小林昭二は棒になったようにのけぞって椅子から床に転げ落ちた。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • 男がぎくっとしてふり向くと、調べていたルビーの玉二つが床に転げ落ちた。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • カークはパネルに手を触れたが、次の瞬間、電気ショックを受けて床に転げ落ちた。 ロッデンベリイ『スター・トレック5/新たなる未知へ』より引用
  • 戴冠式の最中、王冠を運ぶ聖職者の手から誤って王冠は床に転げ落ちた。
  • 小さくよろけるとたちまち全身がバランスを崩し、博は床に転げ落ちた。 奥田英朗『ララピポ』より引用
  • いや、実際逃げようとしたんだけど、結果的にはシーツごと床に転げ落ちただけだった。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • 重心を失ってベッドから床に転げ落ち、経血に似て粘ついた血の海に投げ出される。 伊島りすと『ジュリエット』より引用
  • 毛布ごと、ベッドから床に転げ落ちている自分を発見した。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 汚名』より引用
  • と、揺り起こす私の声に彼は驚き、床に転げ落ちてしまった。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • 一人が右半分、もう一人が左半分、それも同じ方向で寝ていると面積不足で二人とも床に転げ落ちてしまうので、入れこヽヽヽになって寝た。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • 近くにあった灰皿はいざらが、床に転げ落ちるくらいの激しさだった。 西村京太郎『原子力船むつ消失事件』より引用
  • 亜が布をちょっと振ると、ちゃらんと音がして、銀色の小さな物が、床に転げ落ちた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 背中が椅子いすの背もたれにぶつかって、おれは床に転げ落ちた。 馳星周『夜光虫』より引用
  • そして、瘤が背中から床に転げ落ちるのを、言いようもなく嬉しい気持で眺めた。 イエイツ編/井村君江(編訳)『ケルト妖精物語』より引用
  • 突然、支えを失ったように四人は床に転げ落ち、血反吐ちへどを吐き、激しく痙攣けいれんした。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 彼の頭部は苦痛の表情を浮かべる間もなく持ち主の肩から離れ、水びたしの床に転げ落ちる。 川又千秋『天界の狂戦士』より引用
  • 青いカビを生やした黒のハイヒールが、まるで生きているように飛び上って洋間の床に転げ落ちた。 梶山季之『女の警察』より引用
  • だが、勇気をふるってリア・シートをのぞき込むと、何のことはない、男の客は床に転げ落ちていたのである。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 当の結舞は、痛みよりも自分の身に何が起きたのかを理解出来ず、床に転げ落ちながらポカンとしている。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録09 刃を砕く復讐者(下)』より引用
  • 二人が床に転げ落ちた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ外伝02 ドルロイの嵐』より引用