広大無辺の慈悲

3 の用例 (0.00 秒)
  • 羂索は、俗人ぞくじんを一人残らず救いあげる、ほとけ広大無辺こうだいむへん慈悲じひの心を象徴します。 岡野麻里安『銀の共鳴2 水の伏魔殿』より引用
  • 羂索は、網と綱で鳥や魚を捕らえるように、俗人を一人残らず救いあげる、ほとけの広大無辺の慈悲の心を象徴している。 岡野麻里安『銀の共鳴2 水の伏魔殿』より引用
  • まことに、阿弥陀如来の光があるものなら、不運にも傷ついたそなたを、広大無辺の慈悲によって、包んでやるべきではないのか。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (上)』より引用