広大無辺

全て 名詞
209 の例文 (0.01 秒)
  • 人間は本来生れながらにして広大無辺な能力を持っているのではなかろうか。 ...
  • 魂は、電気的信号へと翻訳され、広大無辺なネットワークへと飛び出す。 ...
  • 小さな俺にとって、お屋敷は広大無辺な世界そのものだったのだ。 ...
  • 神様の仕事の広大無辺な事はとても人間の智慧なぞの及ぶところではない。 ...
  • 一国の都が二つも三つもはいってしまうほどに広大無辺な土台。 ...
  • 空と海との広大無辺の中にまなざしをひたすことはなんと大きな楽しみであろう! ...
  • 「だって、宇宙は広大無辺なのですから」と、右京は平然としていった。 ...
  • ここにはじめて見舞みまひてゐたひと神徳しんとく広大無辺くわうだいむへんなるにおどろいた。
  • しかし、ともかくも連句というものの世界の広大無辺なことを思わせる一例であろう。 ...
  • 彼の本体は龍であり、彼はその龍形を広大無辺の地に潜ませている。 ...
  • なぜなら、ああ、律法そのものすら、すでに広大無辺の問題であります。 ...
  • 橋まで来ると、巷の眺めは一変して、広大無辺なものを含んでいた。 ...
  • それは現実とお伽噺とぎばなしの世界とのあいだの境界を認めない賢明な子供の心が持つ広大無辺さであった。 ...
  • 宇宙と呼ばれる広大無辺の虚無空間に、それこそ星の数だけ様々な世界が存在していることを知っていた。 ...
  • これから見ても連句の世界の広大無辺なことをいくらでも想像することができるであろう。 ...
  • 残るは、我々の認識力を拡大して、この広大無辺といえる宇宙を生活のための場所と思考すれば良いだけである。 ...
  • 私たちの家は、広大無辺で、無関心な、凍りついた宇宙の只中にあった。 ...
  • 次へ