広大な地所

28 の用例 (0.00 秒)
  • 各地に広大な地所を所有していた従兄弟たちが、人民裁判にかけられた。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • さいわいその峡谷いったいの広大な地所は、操夫人の名義になっていた。 横溝正史『金田一耕助ファイル17 仮面舞踏会』より引用
  • 千頭家の広大な地所のうちに、タナグ山という海抜四五〇メートルぐらいの相当な深山がある。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 同年代のいとこが広大な地所を囲むように建てられた家またはニューヨーク市内に住んでいた。
  • 彼らは稀に見る手腕をもって、しかもこれはより困難なことだが、並々ならぬ精力をもってその広大な地所を経営した。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(中) 地の果ての燈台』より引用
  • 廻れば五町はたっぷりあろうか、そういう広大な地所の中に、別荘は寂然せきぜんと立っていた。 国枝史郎『名人地獄』より引用
  • ターザナは、ロスアンゼルス市の北西約二〇マイル、一〇一号国道と二七号国道のインターチェンジのある人口約一万二千人ほどの小さな町であるが、一九一八年、バローズが買いこんだ広大な地所を中心にして発達した。 バローズ『火星シリーズ04 火星の幻兵団』より引用
  • 沖の広大な地所自体は米軍基地のように、鉄柵てっさくと金網に囲まれているわけだが、インターから一番近い北側の正面ゲートは沖の専用でゴルフ・クラブの会員はそこを通れない。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • 自身の作品自体は、広大な地所のために計画されたボザール流で、ヴィスタを敷地にあわせて援用し、過去のさまざまな様式を敷地ごとに適応した折衷式のものが大半である。
  • 虎三をこの際、その怨恨を理由に亡きものにすることによって、村山家及び村山薔薇園の広大な地所を誰かが狙っている、と考えたほうが、納得がゆくのではあるまいか。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • しかし、奇崇院は、宇多野の森といわれる白砂山一帯にかなり広大な地所をもっていた。 水上勉『雁の寺(全)』より引用
  • その広大な地所は、終戦後、不在地主とやらでただどられのようにとられ、その後どうなっているのかさえ知らない。 久坂葉子『入梅』より引用
  • 彼は自分の経営する広大な地所に「シュロイゼン=フーブシ」という企業名を付けた。
  • それはいまバッキンガム宮殿の広大な地所を照らしていた。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • そのひとつは刑部大膳の財産調べであったが、以前は岡山市内や倉敷市内に、そこここ広大な地所家作を持っていた大膳だが、この二十年来つぎからつぎへと処分されて、いまやその財政は危殆きたいひんしているという事実であった。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 下』より引用
  • それは世間で信ずる通説が、モール家の人たちとピンチョン家の所領としてまだ実現されていない広大な地所との間にあった、ある不可解な因縁や所属のことを暗示しているということであったらしい。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • キャンパスの土地は、元々は18世紀に活躍したスコットランド出身の建築家ロバート・アダムによって設計されたアースレー城を有する広大な地所であった。
  • 彼はヨークシャーとシュロップシャーに広大な地所を所有し、1821年にはシュロップシャーの州長官を務めた。
  • ヴァチカンのお墨付きを得て、テンプル騎士団は人数においても政治力においても破竹の勢いで成長し、十を超える国々に広大な地所を蓄えた。 ダン・ブラウン『ダヴィンチ・コード(上)』より引用
  • ソーミュールのデ・グラサンやフェリックス・グランデの名も知られていて、抵当などにはいっていない広大な地所に基盤のある、著名な財産家にふさわしい敬意を受けていた。 バルザック/山口年臣訳『ウジェニー・グランデ』より引用
  • 次へ »