広める手段

5 の用例 (0.00 秒)
  • この同時配信は、ゲームを広める手段の一環として当初から予定されていたものである。
  • また、党幹部の一人であったユリウス・シュトライヒャーが発行した雑誌シュテュルマーは反ユダヤ主義を広める手段となった。
  • マルガリタ・マリアは本の内容に対して「恐ろしい混乱」を覚えたと述べているが、これを最大限利用して、彼女の神秘体験を広める手段として認めることとした。
  • ARPANET開発の中心となったのは Request for Commentsプロセスであり、インターネットとなってからもプロトコルやシステムを提案し広める手段となっている。
  • ゲルク派の大部分は叙事詩を認めていないが、一方でカギュ派とニンマ派のラマたちの間では一般に叙事詩に肯定的で、特にゾクチェン派ではグル・リンポチェの事跡でありまた仏教の教えを広める手段として捉えている。