広める事

21 の用例 (0.00 秒)
  • 情報調査局は海外での著作権を買い、海外の出版社に無償で出版権を与える事で大量に広める事に成功した。
  • それぞれの宗派により内容は異なるものの、主に主催となる寺院に子供達を集め釈迦・如来などの教えを子供に広める事を目的としている。
  • 自らの単性論・単意論への反駁を広める事に務め、聖職者のみならず一般信徒からも幅広い支持者を獲得していった。
  • ムジナモの発見とその後の事態は牧野の名を世界に広める事になったが、そのことが当時出入りしていた東京大学理学部植物学教室への、出入りが禁じられた件に関係しているとも言われている。
  • 新聞などの報道機関は未発達で、地方では十分に首都における大統領の動向を広める事ができず、戦局が悪化するにつれて大統領への不信感を根付かせることになった。
  • 大使館の要員を通じて工作を行ったほか、協力的な知識人の著作を広める事でプロパガンダを行った。
  • この発言はドイツの「突然の敗北」に不審を抱いていた人々や左派の暴動に不満を抱いていた人々の間に、ドイツ帝国は内部からの裏切りによって敗北したのだという「背後の一突き」伝説を広める事となった。
  • 翌日、教皇の遺体は人前で安置されたが、膨れ上がった遺体は毒殺の噂を広める事になった。
  • 魔術師の中でも、魔道書の原典を執筆しその内容を伝えるなど知識を広める事に力を入れる者や、弟子に魔術を教えるなど後進の育成に力を入れる者については、「魔導師」と呼称され単なる魔術師とはまた別に扱われる。
  • 日本のトイカメラを好む若い層に受け入れられ、トイカメラ界でのVivitarの名前を広める事になった。
  • 日常生活の中での善意を広める事に重点を置き、個人や団体の顕彰、各種コンクールの実施、清掃活動の実施などを行っている。
  • さらに日本軍は簡潔で習得が容易な「近代シラット」とでもいうべき体系を作り、広める事でインドネシア人の戦闘能力を短期間に上げることを計画した。
  • これは乗車時におけるヒザ周りのスペースを確保する事が目的であり、両者の寸法見直しの結果、足元の空間は既存モデルから約55mmの延長となり、よりスペースを広める事に成功している。
  • しかし、ミラーが1850年に考案したブルマーの原型を世に広める事にブルーマーが非常に大きな貢献を行ったことも事実である。
  • 日高は日蓮面授の弟子としてその教えを広める事に力を尽くす一方、日常の旧主であり、千葉氏当主の継承権のある千葉胤貞を俗別当に迎えて下総国千田荘の多くの土地の寄進を受けて末寺の拡大と寺院財政の安定化を図った。
  • なお、捕虜となったドイツ人の何人かは日本にとどまり、ヘルマン・ウォルシュケ、アウグスト・ローマイヤー、カール・ブッチングハウスなどは日本にソーセージの文化を広める事に貢献した。
  • 吉岡三喜蔵は、伯母が生み出したこの品種を広める事を自らの使命とし、薄利多売で苗の生産販売を行った。
  • そんな中、沢木興道の晩年に出家し、その死後、彼は遺命により、フランスで禅を広める事を決意し、1967年に渡欧して禅を布教し、多くの人々が彼の教えを受けた。
  • 一部に悪天候時や薄暮時でも点灯しないドライバーが多い中で、「日中も有意に点灯して運転する自動車が存在する」事、夕方の早期点灯や悪天候時の点灯を「プロドライバーから」広める事となった。
  • 「シンセアリー」に続くムーングロウズ名義のシングル、「モスト・オブ・オール」がヒットしたのをきっかけに、ムーングロウズは有名ドゥーワップ・グループとして全国的に名を広める事となる。