広めるもの

10 の用例 (0.00 秒)
  • この時代、教育は啓蒙の精神を広めるものとしての重要性を持っていた。
  • これは全英に中継され、彼の知名度を決定的に広めるものとなった。
  • 「幸福観察は広めるものではなくただ静かに実践するもの」らしい。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 確かに『遠坂桜』なる偽名はその場しのぎのようなものだし、人に広めるものではない。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 邪説を偽称して法を村邑そんゆうの間に広めるものもある。 和辻哲郎『古寺巡礼』より引用
  • 一方、IBM互換機の独自拡張であるDynaBookは場所を決めずにいつでもどこでも利用できるノートパソコンを大きく広めるものとなった。
  • さらに、個人の行動の能力を信じられていることや、禁欲者が邪悪なカルマについて詳説し、ジナの生涯をまねることで解脱に至ることができると信じられていることからわかるように、カルマの教説はその信者の間に運命論を広めるものではない。
  • ニース条約に反対を唱える者は、本条約は民主的ではなく実務的なものであり、各国の主権や議会の機能をさらに奪い、また権威的で無責任な官僚制に権限を集中させるものであるとして、政治的な権限を深めるものであっても広めるものではないとして批判している。
  • しかしジャンムー・カシミール州はインド国内で唯一イスラム教徒が多数を占める土地であり、イスラム保守勢力からは西洋文化をカシミールに広めるものとして批判が広がった。
  • ウィリアム・ホガースは仮面舞踏会の隆盛やハイデガーを風刺する版画を出版しているほか、仮面舞踏会の存在に反対する物書きたちは、イギリス国内に反道徳性や「海外からの悪影響」を広めるものとして仮面舞踏会を批判している。