広めるきっかけ

19 の用例 (0.00 秒)
  • 酒や醤油、うなぎに至るまで、商品券の手法を広めるきっかけとなった。
  • この出来事は習志野の地名を全国に広めるきっかけとなった。
  • それまで日本で馴染みの薄かった同合唱団の人気を広めるきっかけを作ったとされる。
  • 全国にその名を広めるきっかけとなる。
  • これが世間の注目を集め「Typhoid Mary」の名を広めるきっかけになったと言われる。
  • 東京駅や仙台駅、羽田・仙台の両空港など、全国各地から来た人が集散する場所に店舗展開したことで、ずんだを全国に広めるきっかけになったと評されることがある。
  • またドイツ人の東京帝国大学教授オスカー・コルセルトに碁の指南をし、西洋へ碁を広めるきっかけを作った。
  • 次いで、を著わし、これらの書物がウイッカの表向きな知識を広めるきっかけとなった。
  • その為2ちゃんねる全体の偏見を広めるきっかけになるこうしたいたずらをする人間は2ちゃんねる内においても白眼視されている。
  • Arduino が「オープンソースハードウェアという概念を広めるきっかけとなった」と評価する声もある。
  • 作者が『一杯のかけそば』を口演して日本各地を行脚したため、物語に感動した有志達による「一杯のかけそばを読む会」、「栗っ子の会」が結成され、これが日本中へ作品を広めるきっかけとなった。
  • 特に1999年2月28日にユーザーと東芝側の会話の中で出た東芝側担当者のこの発言は頻繁に取り上げられ、「クレーマー」という言葉を広めるきっかけにもなった。
  • その理由としてJULA出版局は、著作の大半が生前未発表であったこと、ならびに未発表作品を一般に広めるきっかけとなった『金子みすゞ全集』による二次的著作権の存続を挙げている。
  • 近年展開している「ずんだ茶寮」は、宮城県の郷土菓子であるずんだ餅やずんだスイーツを全国に広めるきっかけになったと評価されることがある。
  • 後に文化6年に忠敬が日本地図作成のための測量に出た折に備後国で当時著名な学者であった菅茶山に『補訂鄭註孝経』を贈呈して、清淵の名を世に広めるきっかけとなった。
  • NHK放送文化研究所によれば、本来の読みは「はくや」だったが、1970年に加藤登紀子がリリースした「知床旅情」のヒットが「びゃくや」の読みを広めるきっかけになったとみる向きが多いらしく、現在ではNHKでも「びゃくや」を標準読みとしている。
  • また、この頃に井口常範の『天文図解』や西川如見の『天文義論』などの天文についての書籍が刊行されるようになり、人々に天文学に関する知識を広めるきっかけとなった。
  • また、インドの寓話『パンチャタントラ』をアラビア語に翻訳した『カリーラとディムナ』が有名となり、詩が中心であったアラビア語文学に散文を広めるきっかけとして影響を与えた。
  • これは13世紀末から14世紀初頭にかけて、バイエルンとプロイセン、ポーランド、デンマーク、スウェーデン、フィンランドなどで、一般にバックスタイン・ゴーティックと呼ばれる建築を広めるきっかけとなった。