広めてしまう

11 の用例 (0.00 秒)
  • 他にも劇中で行われる高度な科学捜査を一般に広めてしまうことで、犯罪隠蔽の巧妙化を招くのではないかと不安視する声もある。
  • これは、各砲の発射衝撃が互いに干渉し合い、散布界を広めてしまう欠点に対応しようとしたものと考えられている。
  • つまりクズネツォフが手榴弾で自決したのは、ソ連当局が公式に広めてしまったものだということである。
  • しかしあくまで嗜好品であるワインが、PPの採点によりあたかも絶対的評価が存在するかのような誤解を世間に広めてしまったことに付いては批判も多い。
  • その一方、インターネット上のサービスの発達は、企業側の従業員が常軌を逸した客を揶揄する形での言説を広めてしまうケースも見られる。
  • インターネット上では掲示板やブログといった情報の発信や、検索エンジンなどを用いた情報の収集が容易であるため、意図せずネタバレを広めてしまったり読んでしまったりする状況も多く起こっており、ネタバレを防ぐための手段も模索されている。
  • この誤用を結果的に世に広めてしまったドナルド・ノーマン自身も後年にそれを認めており、「自分の著書において使用されているアフォーダンスという語については、本来のアフォーダンスではなく、知覚されたアフォーダンスと読むべきである」という旨のコメントをしている。
  • 実験は、アクセルの電子制御の配線へ人為的に5Vの電圧をかけた上でショートさせるという強引な手法であったが、ABC放送が映像に脚色を加え、同年2月22日に報道したため、全米の消費者にトヨタ自動車、特にアバロンに対して不安感を広めてしまう結果となった。
  • 改良土佐節は燻乾法を土佐に伝えた甚太郎の故郷に教えた以外は土佐藩の秘伝とされたが、印南浦の土佐与一という人物が安永10年に安房へ、享和元年に伊豆へ製法を広めてしまったほか、別の人物が薩摩にも伝えてしまい、のちに土佐節・薩摩節・伊豆節が三大名産品と呼ばれるようになる。
  • イマージョン・プログラムの生徒やバイリンガルの生徒が広めてしまうよくある間違いには、誤った語形変化や音節の強調、スペリングにおける子音の重複やおかしな母音の組み合わせ、もう一方の言語の接頭辞・接尾辞をそのまま使ってしまう、などがある。
  • また、速い年代において、何者かがウーゼルの称号として、ウーゼルの兄、「ペンドラゴン」が付けられるのを周知のこととして広めてしまった。