広めた人物

28 の用例 (0.00 秒)
  • 北大路魯山人研究で著名で、魯山人を世に広めた人物としても知られる。
  • 二荒芳徳とともにボーイスカウト運動を日本に広めた人物として知られる。
  • 日本に於いてフランス料理を広めた人物として知られる。
  • 今日では頻繁に行われる、手持ちカメラによる映画撮影の意義を広めた人物である。
  • フランスのバロック建築の第一人者のうちの一人であり、フランス建築上の重要な屋根の形態の一つであるマンサード屋根を世界的に広めた人物である。
  • ブリテンのせいでイギリスの音楽事情は世界から後退したというのは事実であるが、同時にイギリス人の音楽観をこれほど世界中に広めた人物も皆無である。
  • 一説には「サラリーマン」という語を広めた人物とされている。
  • 日本に『経済』という言葉を広めた人物でもある。
  • ジーン・ハーロウは西洋において売春婦以外の一般の女性に髪の脱色の習慣を広めた人物としてしばしば引用される。
  • また、現在、数多くのDJたちにとって欠かせない技術であるスクラッチを広めた人物と言われている。
  • また武田家から伝わったとされる会津の御式内を基に大東流合気柔術を広めた人物も、武田惣角と名乗っている。
  • 「BRICs」という用語・概念を生み出し、広めた人物としてよく知られる。
  • 新華社は、この噂を広めた人物が警察に逮捕されたと伝えているが、ウイグル人は、当局がウイグル人の保護に失敗し、事件に関わった漢族を逮捕していないと主張している。
  • 古くからある手法の一つではあるが、日本においては競馬評論家の高本公夫がこの種の予想方法を世間に広めた人物として認知されており、予想コラムなどを通じて広めたことからタカモト式の名称で呼ばれることも多い。
  • 沼波弄山が始めた萬古焼を地場産業として広めた人物である。
  • 日本におけるブレイクダンスの先駆者であり、テレビを通して日本中にブレイクダンスを広めた人物の1人である。
  • ヴィルフレド・パレート、エンリコ・バローネと並んで限界効用理論に基づく経済学をイタリアおよびラテン諸国に広めた人物である。
  • ふくやの創業者で、いわゆる博多式の辛子明太子を開発し、広めた人物として知られる。
  • メロイックサインをヘヴィメタル界に広めた人物である。
  • 人の血液型と気質とを統計的に関係付けようとする「血液型人間学」すなわち「血液型性格分類」を大衆に広めた人物として知られる。
  • 次へ »