広めたもの

21 の用例 (0.00 秒)
  • 白の着物に、白地の絹張りの傘、という演出方法も彼女が広めたものである。
  • 二宮尊徳が実践したことを、継承者が広めたものが報徳思想である。
  • これは作家の夏樹静子が発案し広めたもので、黒の代わりに濃い緑を、白の代わりに薄い緑を用いている。
  • 神秘思想の系譜をこれらの三人の霊学者達が書籍などを通じて世に広めたものが神道霊学の自覚的確立であるとする説もあるらしい。
  • アクロニムに由来するダンボという呼称は1978年から登場したが、これは新たにこの地区に流入した居住者たちが、こうした魅力的とは言えない呼称によって開発業者の関心が及ぶことを遅らせることができるだろうと考えて、広めたものとされている。
  • 人工的に手を加えて交配したものではなく、品種の中から優良な母木を選び広めたもののため、樹としては原種に近く、比較的病気に強いとされる。
  • これは、不二家が1922年頃から広めたものである。
  • 一方シーア派によれば、彼女はムハンマドの唯一の娘であり、末娘というのは夫アリーの正当性を貶めるためにスンナ派が広めたものとする、といったものだ。
  • それまでの労働形態とは異なり、「ローウェルの仕組み」は、雇用者との契約の元にその労働を売る賃金労働者の概念を世に広めたものであり、現代の国や産業にも続く社会経済システムになった。
  • 現実でもありうる「獣姦」の対象範囲をさらに広めたもので、大まかに言うならば種別の異なる生物同士の性行為というシチュエーションである。
  • 全国的にみられるタイル絵は、伝統の九谷焼で戦前より石川県金沢の「鈴栄堂」という窯元が全国に広めたもの。
  • TOSSや青少年団体を構成しているメンバー、賛同した多くの人たちなどが、「子どもの遊び・チャレラン」として広めたもの。
  • ダブルハートのロゴ画像は、リンゼイ・アシュフォードという個人活動家が作成しネットで広めたもので、現代少女愛運動のシンボルとなっている。
  • 緯絣のタメインは「チェンマイ」を意味するジンメーの名前で呼ばれており、タイ族がシャン州で広めたものだといわれている。
  • 薛謹の河東郡と秦州の統治は威刑と寛容を兼備し、儒教の教化を広めたものとして称揚された。
  • グラビアでは、インリン・オブ・ジョイトイが積極的にこのポーズを行い、M字という言葉を広めたものだとされており、「M字開脚といえばインリン・オブ・ジョイトイ」というイメージが強い。
  • 元禄年間に参勤交代に随行した東郷の郷士が上方より文弥節の師匠を連れ帰り広めたものと考えられており、神社への奉納や結婚式、集落の行事などでよく演じられた。
  • その考えを、幕末の大老・井伊直弼が自分の茶道の一番の心得として、著書『茶湯一会集』巻頭に「一期一会」という言葉にして世の中に広めたものである。
  • 佐藤錦は、明治より山形県東根市の佐藤栄助によって品種改良され、岡田東作が名づけて世に広めたものである。
  • 「インスタントラーメン」「缶コーヒー」など日本人が作り世界に広めたものが歌詞に散りばめられている。